列車番号T-TAKE(てぃーていく)

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線・阪和線運用表を掲載しています。

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線・阪和線運用表を掲載しています。

斜め上な阪急車両、6~7月の動き

15-10-23_6050
【画像】6050編成8両時
この時に6月の組替を想定かは不明も、イベントしては適当な時期でした。

2019-7-15掲載開始

6月、阪急車両の動きが慌ただしく


この前回の記事から、6050編成は7090編成となり、4両化、7005編成2両と連結し、7005+7090として、2+4両の今津北線運用、伊丹予備、阪神尼崎伴車予備として、7月から新たな運行となりました。

ファン的な推測・予想がことごとく外れ、「斜め上」と言いますか、予想外の出来事ばかりでした。事前の情報もそれ程漏れておらず、阪急正雀の情報管理には徹底した感でした。

改めてまとめます。
19-07-15-01 19-07-15-02
【画像】6月から7月の阪急車の動き

こんな具合となります。

6050編成の7090編成改番、7005+7090と組み、今津北線編成に。4両は伊丹線予備、2両は阪神尼崎で改造される、能勢電改造7000系の、改造後の伴車予備としての用途となった模様です。

7/10に検査出場、既に今津北線の運行は開始されており、これまで、伊丹線予備と兼用であった、5102編成の置き換えとなってます。

5102編成は、2+4両でしたが、7005+7090編成出場の翌日(7/11)に正雀入場、5102編成(2両側)を脱車し、5118編成の4両のみ出場、伊丹線予備ではなく、伊丹線専従化となった模様です。

伊丹線は、7034+7035,6004,6012,6008,3054と、5118の6編成となります。いつでも3054編成が離脱出来る計算ですが、6012編成が離脱中のため、当分は6編成体制でしょうか。




09-01-09_5102 08-01-06_5118
【画像】5102編成
今津北線6両運用は終了、伊丹線4両運行で晩年となる模様です。

即ち、神戸線1016編成の新製配置は、6050→7090編成4両化→5118編成伊丹線専従→3054廃車(3062ではなく3054に訂正、7565+7575正雀、7616+7516正雀)となり、余った中間4両で、7616+7516は、宝塚線7031編成(2両)と組んで4両化、恐らく、能勢電7202編成として、今後、阪神尼崎送り→改造とみられます。

7565+7575は、6050検査入場時の正雀で脱車、そのまま留置となり、能勢電7203編成以降の置き換え種車ではとみられます。
10-03-03-7005 10-03-11_7081-7031
【画像】7005編成と7031編成(2両編成増結充当時)

この他、6月に神戸線に転属した8042編成は、表示幕やLED案内表示の故障で、7月ではずっと動いておりません。これらの問題の改善待ちと言えますが、結局は10両運用(8042+7004)なった模様で、8031は7001組成で元組成に戻したようです。(8042編成は7005編成の代替)

これにより、7001編成は8035+7001編成の暫定、7023編成は今津北線充当となっています。(8031は増結10両運用専従化)

宝塚線7031編成の能勢電改造種車により、宝塚線で増結予備は、8040+8041のみとなります。8030編成の増結10両運用専従化で、残った7024+7026編成は、半端な4+2両に。

単純に8040と組み、8040+7024+7026と組んで2+4+2両、8両編成を仕立てるか、2両を7026脱車、正雀送り、上記の7575+7565を組込んで、能勢電7203編成も想定は出来る範囲です。

この場合、8040+7024+8041と、宝塚線のまま2両増結予備、8両1編成となりますので、当方としては、現実的に考えても、このように収まるものとみられます。ていうか、当分はそれしかないでしょうね。

伊丹線7034+7035は、来年度以降の能勢電7204,7205種車が予想出来ますが、現状、宝塚線に1000系の配置が必要ですし、今年は1編成か2編成程度なため、当分、伊丹線でしょう。能勢電7205の配置で、能勢電1700系が全廃となります。

能勢電1700系の検査期限です。(年-月)
1754--2020-7
1755--2020-11
1757--2021-07
1756--2022-10
※最近の検査は丸4年引いて下さい。

1754,1755置き換えで、7031,7026改造、来年秋まで改造が完了すれば間に合います。7031は今年夏に尼崎送り、7026は、今年秋の離脱でしょうか。(改造等を1編成9ヶ月程度として考える)

となれば、7034+7035は来年までは運行となります。この編成は2020-11が検査期限(前回は2016-11)ですから、期限一杯まで運行でしょう。但し、宝塚線に1000系2編成の配置→6000系伊丹線編成の改造種車が必要となります。
(先頭車電動化のため、7154,7155のFS369A台車化も必要です。上記7616+7516と、廃車から捻出した予備台車でしょうか。但し、現状、7154,7155の台車形式は未確認です)
17-04-03_80408041 07-11-09_7026-6005
【画像】
8040+8041編成での箕面線充当場面、最近は運行がなく休車中の模様です。
7026編成、7031編成の次、8040+8041を生かすのも、この編成の改造次第

斜め上な阪急車両、ここ一ヶ月の動きも、ひとまずは一段落、後は能勢電改造種車の阪神尼崎送りがいつか、ということになります。

こんな感じでしょうか?

他の推測はキリがありませんので、極力、変更点を少なくとして考えました。この辺にしておきます。


鉄オタ選手権 関西編
「鉄オタ選手権」番組制作班
扶桑社
2019-06-02

阪急 京とれいん 雅洛 誕生編 製造から運行までの記録[DVD]
ビコム 鉄道車両シリーズ
ビコム株式会社
2019-07-21

JR271系「新型はるか」近畿車輌を出場

19-07-11-01
【画像】近畿車輌を出場した271系「新型はるか」

2019-7-11掲載開始

2019-7-11(木)、雨がパラパラと降る中、大阪府東大阪市にあり、鉄道車両製造のメーカーである近畿車輌を出場しました。

この271系、こちらにもありますが、関空特急はるかの増結、即ち、全列車の9両化のために、約60億という設備投資(新聞報道)で、3両6編成の内、2編成が製造されたことになります。

この様子を、徳庵・京都駅と、動画も交えて掲載します。

[鉄道模型]トミックス (Nゲージ) 98673 JR 281系特急電車(はるか)増結セット 3両

【画像】271系動画(※当方撮影動画)

ご覧の通りとなりますが、今までの281系と似たデザインとなります。

但し、既に認可となった「なにわ筋線」乗り入れも考慮か、281系の前面非常用扉ではなく、貫通扉仕様となっており、今後、通り抜けが可能となる模様です。
19-07-11-0211-02-17-1008M-HA601
【画像】271系と281系の比較

両者の連結(併結)は、271系側で既に対応しているものとみられます。281系は登場から25年経過しており、体質改善、車両更新の時期となりますが、これらが一切行われていないことから、今後、6両編成側と、281系の置き換えをも想定でしょうか?
(体質改善・車両更新も、向こう10年の吹田総合車両所の建て替え、設備更新も影響でしょうか。これらと、改造の手間等と比較して、新車の設備投資の方が割に合う=イメージ向上、ということかもしれません)
19-07-11-271
【画像】諸元等

昨日、妻面等の表記で確認したデータです。
7号車側は3両編成でも車椅子スペース対応、このため、8号車の座席数相違と併せ、多少の差異があります。今後、281系側での指定席座席の調整(発売座席の枠と、列車別の差異)をするのかも気になります。恐らく、271系の座席と共通化で、ダイヤ乱れや1ヶ月前発売の対応でしょうか。

自重も、321系から続く、一連の0.5Mシステムによる全電動車となってますから、281系比較で重くなってます。アルミ合金の車体かは不明ですが、683系や287系もアルミ合金の車体の筈ですので、その可能性があるでしょう。それでも40t近くあります。事故対策で、頑丈・丈夫な車体もあるでしょうか。




19-07-11-03
【画像】はるかロゴ

これまでのものと同じ仕様です。
19-07-11-13
【画像】試運転ルート

試運転のルートはこの通りとなります。
徳庵を11:06/18-吹田貨物-向日町(12:18-40過ぎ待避)-京都0番12:48-53-おごと温泉待避?-永原(14:15/15:15頃)-近江今津待避?-近江舞子(16:00頃)-大津京(16:25頃待避)-京都7番(16:45頃)-向日町(16:55通過)-吹田貨物(岸辺付近)-車両所
の模様です。

ネット上にあった時刻と、京都付近がやや遅くなった模様です。今後も出場はあるでしょうが、徳庵・京都の時刻は当方確認済み、向日町はライブカメラによる記録からです。ご安全な範囲でお願いします。

2020年春のダイヤ改正から運行開始の模様です。新たな時代、オリンピック、大阪万博、なにわ筋線、
関空特急「はるか」に期待です。
JR電車編成表2019夏
交通新聞社
2019-05-20


19-07-11-1119-07-11-12
【画像】徳庵駅
しかし、徳庵駅の木津方面行ホームは、1981年の橋上化で、将来の待避に対応だったんですね。
ですが、エレベーターや店舗、民家により既に不可能です。

住道・四条畷と待避が出来ますし、ダイヤを考えても徳庵は不要でしょう。河内磐船当たりにも待避線があれば、朝ラッシュの本数がもう少し増えそうですが、現状ではこれがギリギリのようで。

2019-3改正、王寺電留線留置

OHJI2
【画像】王寺駅配線図

2019-7-4掲載開始

JR大和路線の王寺駅電留線は、入換用の時刻表がある模様で、それにより、ある程度のパターンがあるようです。
車両運用にも一定のパターンがあることになります。
2019-oji
【画像】留置パターン

上記は、出区運用と、電留線との関連を表にしたものです。
平日運用表にも記載しています。

平日・土休日で、同一運用番号に同一番線もありますが、異なる場合もあります。土休日は、ダイヤ改正当日の確認なため、今後、補足する必要がありますが、9番線の105系が別の番線に移動するなどの変化があります。

11番線は221系4+4両ですが、平日出区は併結、土休日出区は分割状態となります。前日の入区時点で作業となります。

区3,区6,区9と空きがありますが、時々あるクモヤ、キヤ検測車で、駅の番線を空ける必要があり、その時に入換となる模様です。さらに、王寺工臨と呼ばれる、向日町操から反時計回り(環状経由、南海甲種とほぼ同時刻、復路は4時頃奈良線経由)でやってくる、レール運搬車の留置もあるようです。

出入区だけではなく、日中の留置もパターンがあります。これらは、運用表でまとめております。
19-06-27-01
【画像】7-10番線
手前が7番線(5番のりば)、8-9-10番線
土休日出区は7番が221系604運用に変わります(駅5番の留置と入れ替わる、1701K車種が土休日の場合201系となるため)
左から順に、平日2451M-1717K-1721Kで出区
19-06-27-05
【画像】201系5並び
12番線の64運用は522Sと出区と早いため、微妙に6並びにはなりません。
但し、土休日は6時頃、221系留置と併せ6並びとなります。
13番線は1725K,14番線は2453Mで平日出区
19-06-27-04
【画像】区1~区5
区1,区2は4両限界のため、必然的に221系4両となります。
土休日の区4は午後出区のため、そのまま留置、その後11番に入換があります。

左から順に、平日4305K後併結,524S,1713K,1729K出区となります。
尚、平日4305Kは4420Tから来る五条編成と併結ですが、大雨等で4420Tが運転見合わせの場合は、王寺予備車がないため、朝ラッシュ時にも関わらず、4両運転のまま、快速でJR難波へと行くことになります。
(4305K折返し以降、奈良駅で予備車と併結をするか、4305K時点で回送で予備車を王寺まで持ってくるかは確認していません)
19-06-27-03
【画像】区6~区9
区9は洗浄線
区7の105系は、平日の場合、別の運用(521S)で朝入区した編成が、直接、この番線で併結となります。以前は9番線併結でしたが、平日1717Kと出区が重なるためか、変更の模様です。土休日は上述の通り、再度再確認が出来ればと思います。
19-06-27-02
【画像】区10の227系
324運用出区(441M)となります。2両編成のため、縦列で留置なります。
19-06-28-06
【画像】平日日中11:30頃の場合
8番線-608(1750K) 9番線-455(1906K後) 11番線-454(1340K) 12番線-62(1732K) 13番線-67運用(1356K)となります。
留置の合間に清掃係員による車内清掃も。
日中、奈良支所に戻る必要もないため、王寺電留線の役割は大きいといえます。
(※左の駅係員は、新入社員駅員の研修のようでした)
19-06-28-08
【画像】67運用、1356K入区場面
左の201系はND618、屋根の塗り塗装は編成や車両によって異なります。模型では上から見ることが多い訳ですが、現実は上から見ることがないため、興味深い点と言えます。

この他、区2-85-434M前、区3-74-1756K、区4-82-434M後、区5-303+313-430Mが
平日日中の留置となります。
土休日は運用表をご覧下さい。
19-06-28-07
【画像】ND618とND611の屋根比較
尚、電留線構内のポイントは手動転換のため、信号所係員の他、ポイントを手動切り換える専門の係員が存在します。
JRではこの王寺の他、阪和線鳳の電留線も同様です。
電動化、信号所で一括にしようにも、費用等なのか、そのままとなっており、比較的珍しいといえます。
但し、本線に繋がる線路の手前には、入換信号機は存在し、これは信号所で扱う模様です。


★2019/6/27(木)出区時点(難波→)
番線-運番-車番-編番-出区列番
14 65 138 ND613 2453M
13 79 124 ND622 1725K
12 64 121 ND620 522S
11 418+453F 23+010 NA412+NA427F 回1901K
10加茂 74 68 ND604 1721K
10難波 324 1007 SD07 441M
9 77 91 ND607 1717K
8 61 119 ND608 2451M
7加茂 601 10 NC603 1702K
7難波 84 505 SW003 520S
6 70 142 ND615 回2403K
5 604 36 NC606 1701K
4 なし
3 78 67 ND603 回2409K
2 69 64 ND601 回2403K
1 なし

区1 406 20 NA409 4305K後併結
区2 403 011 NA428 524S
区3 なし
区4 67 77 ND605 1713K
区5 66 135 ND611 1729K
区6 なし
区7 88 508 SW005 528S後併結
区8 63 122 ND609 1727K
区9洗 なし


★2019/6/28(金)11:30留置時点(難波→)
番線-運番-車番-編番-入出区列番
14 なし
13 67 135 ND611 1356K-1799K
12 62 120 ND618 1732K-1815K
11加茂 454 010 NA427 1340K-1449K後
10 なし
9加茂 455 14 NA401 回1906K前-1455K前
8 608 62 NC609 1750K-1805K

区1 なし
区2 85 未確認 434M前-562S
区3 74 123 ND621 1756K-1819K
区4 82 未確認 434M後-560S
区5 313+303 1010+1009 SR02+SR01 430M-473M
区6 なし
区7 なし
区8 なし
区9洗 なし

6月、阪急車両の動きが慌ただしく

15-10-01-6050【画像】何かと話題な阪急6050編成

6月、阪急車両の動きが慌ただしくなりました。以下、まとめますと…

▼神戸線
(1)7008F検査出場-7008側に10両連結の転落防止幌設置
(2)6050F、7005F検査入場-6050Fの中間T車2両(7565+7575)は検査外
(3)8042F宝塚線から神戸線転属-確定の模様
(4)7000F検査入場-10両組成を6016F+7009Fに変更
(5)10両Fで7005F+7004Fから、8031F+7004Fに変更

▼宝塚線
(6)上述の通り、8042Fの神戸線転属
(7)8030F+7024F+7026Fの元組成化

神戸線の動きが細かく発生しています。

(1)7008F検査出場-7008側に10両連結の転落防止幌設置
10両連結の転落防止幌設置は、
現在
7000,7002,7003,7004,7009,7021,7027
以上7編成ですが、7021Fは現在、正雀のアルナ車両で車両更新中、この中で、未更新車両は7027Fを残すだけですが、7021F,7027F共、更新の際にVVVF化とみられますから、平日朝しか運転しない10両運用に、最新のVVVF制御車も勿体ない話です。
ですから、車両更新後は10両運用(特に10両固定の運用)から外れることが予想されます。

7008Fの出場で、10両連結の転落防止幌設置は
7000,7002,7003,7004,7008,7009
となるとみられます。

10両固定の運用は5列車ですが、元々7編成がその対応だとすれば、後もう一本、転落防止幌設置の取付部分が設置とみられそうです。

恐らくですが、10両固定の編成で、8両側は、VVVF車ではなく、チョッパ車で済ます方向でしょうか。

▼残りのチョッパ車8両編成
7000,7002,7003,7004,7007,7008,7009,7010,7020

9編成となります。7007,7010,7020編成の内、1編成でしょうか?

(2)6050F、7005F検査入場-6050Fの中間T車2両(7565+7575)は検査外
6050Fと7005Fの検査入場で、まず、「組替」という憶測です。減に、6050Fの中間T車2両(7565+7575)は検査外は確定で、色々な憶測も、無理はないでしょう。

恐らく、6050Fは単なる6両化でしょうか。となれば、検査出場の動きとなります。そのまま、宝塚線転属はないでしょう。

17-04-04-p18-07-08-p


▼宝塚線は「扉誤操作防止装置」のトランスポンダの設置が必要となる。
上画像のように、宝塚線では、「扉誤動作防止装置」のトランスポンダの設置が、車両側で必要となります。どうも、このような装置(扉誤動作防止装置)のようで、両先頭車にトランスポンダを設置、それらと、地上子の両端が内側にそれぞれ入れば、扉が開くというシステムのようです。

こちらは神戸線と京都線側の装置(扉誤動作防止中央装置)のようで、神戸線京都線、宝塚線と差異があるようです。神京の場合は神戸・京都方先頭車のみ、一方の宝塚線は、両端先頭車に設置の模様です。(256KHzの電文固定型無電源地上子、地上子には電源が不要で、恐らく、左右両側を周波数で区別か?)

つまり、宝塚線だけは装置自体が別物で、両先頭車にもトランスポンダの設置が必要となりますので、例えば神戸線→宝塚線転属の場合、その装置が必要になるということになります。(10両編成の2両編成はまだ確認してません)

神戸線と京都線は、途中で連結解放も含め、梅田方に2両連結の10両運用があるためか、両者は共通装置も、宝塚線10両運用は、途中で連結解放が今のダイヤではありませんので、10両編成でも、梅田・宝塚方両先頭車対応とみられます。(中間となる8両側の梅田方先頭車は、誤動作防止装置の電源を切って対応か?)

長くなりましたが、6050Fの宝塚線転属は、これを取り付けない限り、あり得ないことになります。通常の定期検査で、この装置を同時に設置も、微妙な所でしょう。

ということは、神戸線のままでしょうが、6両なのは確実、しかし、今津北線配置も考えにくく、7005Fと同時に検査出場、即ち
「7005F+6050F」
の2+6両でしょうか。

(この相違差異で、1000系神宝側先頭車の装置有無→配置が見えます。1010F,1012Fは、神京・宝の両方の装置を積み、それぞれの調整転配な模様で、9000系,7000系の共通予備的な扱いは、なくなった模様です)


(5)10両Fで7005F+7004Fから、8031F+7004Fに変更
但し、2両側は、7005Fのままか、8031Fと取替か、要するに、7005Fは10両固定増結用のまま、8031Fは2+6両に戻すか。
「7005F+7004F」-所定に戻す
「8031F+6050F」-新組成


但し、「8031F+6050F」となれば、一時的に「8042F+7001F」「8032F+7017F」「8035F+7023F」と、2+6両が4編成となります。
(神戸線で1016F,1017F配置による廃車がまだないため、神戸線で予備が6編成(所定4)なのが現状、但し、1010F宝塚線貸出により、神宝共、各予備が各5編成(所定各4)体制が、6月時点です)

(3)8042F宝塚線から神戸線転属-確定の模様
宝塚線増結3運用の減(2015-3-21改正)となり、8040F+8041Fは一時期箕面線も、最近は休車状態です。それでも増結2両は4運用しかなく、増結予備の8030F+7024F+7026Fも含めて、5編成と余裕がありますから、1編成=8042Fが、6/13に転入
「8042F+7001F」-新組成
となった模様です。

しかし、8040F+8041F、どうするんでしょうか。

(4)7000F検査入場-10両組成を6016F+7009Fに変更
単なる7000Fの検査入場でしょう。

(7)8030F+7024F+7026Fの元組成化
宝塚線の編成ですが、上述、7565+7575の中間車と、6008Fの伊丹線化で余った、6578+6588の中間車が残っており、恐らく、能勢電譲渡の7200系(旧阪急7000系、7200F,7201Fの続き)の種車でしょうか。

但し、7200系の前例から、両先頭車はアルミ合金車でしょう。となれば、7024F(4両)+7026F(2両)が怪しくなります。

▼宝塚線7011F
去年11月からアルナ車両で車両更新となっており、夏頃には出場の気配です。1編成8両の更新も、半年以上掛かるのは通例ですから、そろそろの次期です。

これが出場となれば、次は、堺筋線か、阪急車かとなりますが、阪急車だと仮定すれば、怪しいのが6両編成の7017Fです。
前回検査出場
7017F-2018-11
7023F-2019-03

何れも、アルミ合金車で未更新の6両編成を残してます。まず、7017Fに、7024Fの中間、7654+7684(2016-3最終検査)を組み、8両編成化という案、続いて、7023Fに、7003Fの中間アルミ合金車、7553+7583を組み、8両化更新。7017Fは今年中、7023Fは来年の更新と推測してみます。

即ち、神戸線2+6両の6両側を、7001F,7003Fの、チョッパ車かつ鋼製車で揃える(アルミ合金車の6両はVVVF化→8両化)訳です。上記の6050Fも加え…
「8042F+7001F」
「8031F+6050F」
「8035F+7003F」

2+6両編成は3編成あれば充分でしょう。

但し、8042F転入で、8032Fが余る計算となります。「7005F+7004F」の7005Fをどうするかでしょうか。

そして、7024F,7026Fと、2両2編成が捻出、中間車次第で、能勢電改造の阪神尼崎送りが見えてきます。

「7005F」……能勢電改造完了後、将来的には、上述の7565+7575と組んで4両化?

7018F-2017-07
7027F-2017-10

この8両2編成は、今年は何もなしか?


上述、当方も妄想にお付き合い頂き、恐縮です。また、今年度の新車、8両3編成24両は考えておらず、どの路線に配置かも不明ですし、それによっては、車両の計画も変わるでしょう。

色々と、車両の転配で、私にご意見等も頂戴しておりますが、やはりキリがありません。この当たりで留めておきます。(終わり)

ライブドアブログに移設しました。

10-03-11_8042
【画像】今何かと話題の阪急8042F

2019-6-22更新

この度、ライブドアブログに移転することになりました。

現在、車両運用表掲載の位置移動など、移管作業中です。
今暫くお待ち下さい。








 
列車番号T-TAKE(てぃーていく)
列車番号T-TAKE(てぃーていく)サイトはこちらです。
メッセージ
ツイッター ttakewebpage
ttakewebpageのツイート
ギャラリー
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
  • 2019-8-10 阪急京都線、なにわ淀川花火臨時時刻表など(その2)
最新コメント
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ
▼a8 ▼アマゾン ▼楽天