列車番号T-TAKE(てぃーていく)

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線運用表を掲載しています。

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線運用表を掲載しています。

名鉄OuDia、土休日ダイヤ掲載は今月中旬掲載見込み+その他。

20-12-29-1702
【画像】名鉄1700系1702の車内
20年以上となれば、内装も2200系とは明らかに異なりますが、
車両の置き換えで事実上の車両更新、1700系としては、名鉄特急としての役割を既に果たしたのでしょうか。

2020-1-5 16時掲載開始


このところ名鉄ネタが多く恐縮です。

兎に角、何もかもが新鮮で、新しい発見となっているからです。岐阜の連解も、奥の手をよく使っている印象です。当方、今までで一番難しい運用調査は、近鉄だと思っておりましたが、名鉄になりました。

近鉄の方が、名鉄よりもデータも揃っているなどで、負担が軽い感じがしました。合間のJR東海運用も、こちらは本数が少ないため、充分可能でしたが、名鉄がより複雑でした。難易度の高い感じがします。

2020-12-28のブログで「私の周辺が色々と落ち着きました。今後、色々と考えてます。年明け以降の更新までお待ち下さい。」は、この、12/29の件でした。

12/13での8:30~11時と、12/29での9:30~18時と、20時台までの一部により、土休日ダイヤと運用に関しては、概ね、自力把握は出来ましたが、ネット上から色々と調べたり、また、地元をよく知るフォロワー様からの情報等から、一つは「所定のようで所定ではないことがある」はありました。

駅探サイトの着発線記述も、12/28のブログ記事の通りですが、終端駅での車両取替といいますか、差し替えが意外にあるようです。29日の画像の1702Fもありました。

当日確認した1702Fの運用は
「~101-(3164F岐阜解放)-112-131-146-165-182-201~」
と、一見してみると、一つの運用に見えます。101列車の前は、510-71-82と、国府駅で出庫となる運用の模様ですが、この運用は、131の岐阜到着後、一旦茶所回送となります。駅探の着発線でもこれが裏付けられます。

当日、再出庫し146~となりました。これは所定通りのようです。しかしながら、この後、146-165-176-195-206-225となり、岐阜到着後は茶所か、どうも、新木曽川や新清洲となる場合があるようです。

実際は、165の折返しが182と飛んだ形となっています。但し、182列車は茶所出庫は所定ですが、本来の176列車の前列車は165列車となり、取替はありません。実際の176列車は、161列車で茶所入庫となった2203Fが、+3165Fと連結して充当となりました。所定の165/176列車は前後繋がりますので、突発的な取替だった模様です。

取り換えた理由は不明ですが、前日の12/28の夜19時過ぎに、名古屋本線西枇杷島-二ツ杁付近で人身事故が発生したため、そのダイヤ乱れによる、検車都合による取替でしょうか? このため、終端駅で前後の運用がつながる場合も、「余りアテには出来ない」模様です。

ツイッター情報となりますが、1/5、最新鋭車両の9104Fが充当も、河和駅で所定外の折返しという情報がありました。

当方自身の遠隔地という事情もありますが、しかしながら、より、厳密に運用調査をする必要性もなさそうかな、という気がします。つまり「これ以上根を詰めても、キリがないのでは」ということです。
鉄道ダイヤ情報 2020年 11月号 [雑誌]
鉄道ダイヤ情報編集部
交通新聞社
2020-10-15




名鉄は、広大なネットワーク、車両の運用範囲も広大なのは、12/29の金山駅での運用調査でも実感しました。8時間半~9時間に渡る運用調査でしたが、512列車を確認しても、1列車1編成だけという運用もありました。

特に、豊明折返し列車で目立ちます。この駅は車庫介在駅ですから、車両取替は何らおかしくはありません。土休日は平日と異なり、日中でも豊明折返し列車が特に目立ちますから、やむを得ずでしょう。

列車が輻輳する、神宮前-東枇杷島間でこの有様・実情でしたので、今後、運用調査を継続する場合は、この区間を中心だけでも良かろう、充分ではないかということです。他エリアは補充的でも問題ないのでは、と…。

12/13や29で調べた車種・両数・組成も、所定のようで、もしかすると所定ではない可能性もありますが、ひとまず、データをもう少し揃えたい、現地に行って調べたいのは確かでした。これが29日の確認となります。



で、1/23(土)の舞木の撮影会の当落次第もありますが、もし運良く当選ならば、ゆく予定です。その際も、12/13,29同様、1/23~24は土休日ダイヤになりますので、残りの18時以降、朝の8:30までが確認出来れば、という感じです。20時台までの日帰りか、最大1泊をして翌朝となりますが、それ以上は、この時期は見込めないと思います。

運悪く落選ですと、23日に関しては行く予定もありません。まずは、週末に届くと思われる当落通知次第となります。(落選の場合も葉書は来るんでしょうか? なければダメだったと認識します)

このため、当初、想定していた平日よりも、土休日が先となり、平日が全く自力では未着手となりましたが、上述のように、連泊をしてまでの運用調査は厳しい感じです。

平日は、あっても、日中を中心とした日帰りです。往路だけでも東海道新幹線、名古屋7時前到着で、なるべくラッシュ時も、としたい所ではあります(近鉄特急ですと9時頃になるため)が、寒い時期もありますから、一度にやろうとせず、まずは、日中の情報収集だけでも充分でしょうか。


それ以上に、地元ネタ、京阪のダイヤ変更が1/31に迫っておりますので、ひとまず、名鉄関連は中頃で一段落となりそうです。京阪運用は、OuDiaタイピングを含めた準備作業を含めて、2月一杯が掛かるかもしれません。列車番号の引用(JR時刻表Lite)もどうなるか未知数です。京阪公式のPDF時刻表が去年5月でなくなり、例年よりも情報収集で不利な環境となってます。

近鉄特急運用関連(11/21~)も、数日後に私事もありまして遅延となりました。こちらの課題も充分に認識しております。3月にダイヤ変更となるのか、そのままなのかどうかも気になる所です。


◆土休日名鉄OuDia、その後について
12月半ばから、土休日版の打ち込みも、暇や合間を活用して作っておりまして、常滑や犬山系統は支線も含めて一段落、現在、残りの名古屋本線となりますが、こちらも、ほぼ全部一段落となりました。

現在、修正・訂正等や、運用機能を、12/13,29の運用結果を反映した編集作業となっています。遅くても、今月中旬には掲載出来る見込みとなりました。

全体的な、名鉄の列車の動きを見たいという方が多い気配は、アクセス数から推測しても、変わっておりません。これら、そのまま掲載にすることで、独自研究・調査となりますが、ネット上公開情報での、名鉄運用の補完=OuDiaにしたいと思います。

須ヶ口-岐阜間の普通は、現在掲載している平日ダイヤは、須ヶ口折返しとしていますが、土休日ダイヤでは、折返しは想定せず、出庫・入庫としました。もし、須ヶ口で折返しであった場合も、OuDiaダイヤ上では別々の扱いとしました。平日もこの考え方で訂正し、更新予定です。実際に、充分な確認が出来ていない影響もあり、この扱いとなりました。

12/29の金山の確認は本当に大きかったです。ひっきりなしの列車往来も、常滑系統の折返しや回送の把握が大きく、苦労の甲斐はありました。

ともあれ、名鉄OuDia着手から、途中、私事もありまして、2ヶ月ほど要しましたが、今となっては、ダイヤのタイピング、運用調査2回と、やって良かったと思います。

また、この関連で、フォロワー様には、運用を含めた情報と、アドバイスも頂戴しました。何もかも一人だけでは厳しかったです。この場をお借りし、心より御礼を申し上げます。

2020/12/29の東海運用調査結果(平日ダイヤ、主に大垣車)

20-12-29-J10
【画像】金山駅ホーム柵

画像は320F J10 1m弱でも停止位置を行き過ぎると、画像のように、車掌の操作盤から離れるばかりか、ホーム柵とドアが重なった模様。その後少し後退し、4分遅れで出発。

2020-12-31 14時掲載開始

この合間に、東海運用も確認しておりました。主に大垣車となります。神領車は一部のみで、大半は未確認ですので、ご了承下さい。名鉄は2分間隔の場合がありますが、東海道線は、1時間に上下8列車しかありませんので、合間の確認もまあまあ余裕でした。

それでも、全ての列車を把握は出来ておりません。上り線中心で下り線は特に、そうなります。

東海運用も、315系登場による車両の置き換えが2021年なため、未撮影編成の撮影を中心に、運用も補完する必要があると認識してますが、今回の東海運用は、大垣車を運用別でまとめることにします。





2020/12/29(火)JR金山駅運用調査結果【平日ダイヤ】
←熱海/米原→

▼大垣車
▼311系4両
132+136 G2+G4 323F-126F-149F
133+138 G1+G3 346F
135 G5 137F-348F
137 G9 2850F
140 G10 121F-130F-141F-150F
141 G15 133F-142F
142 G7 123F-132F,347F-350F
143 G12 120F-131F-140F
144 G8 122F-143F-152F

未確認分 G6,G11,G13,G14(131,134,139,145)


▼313系5000番代(含む2両)
502 Y101 125F-134F
503+553 Y114+Z1 2535F-2106F
504+554 Y109+Y31 2902F-回509F(10:58下り)-2334F-2331F
505+555 Y116+Y43 2307F-2324F-2321F-2530F-2537F-2108F
506+556 Y111+Y38 2515F-2328F-2325F,2102F-2117F
507+557 Y115+Z2 2309F-2518F-2525F-2338F
508 Y105 2516F-2523F-2336F-2333F
508+563 Y105+Y33 2348F

510+570 Y108+Y39 2317F-2526F-2533F-2104F
511 Y107 2510F-2517F
511+558 Y107+Y45 2330F-2327F-2232F-2543F

512+559 Y103+Z3 2514F-2521F-2528F
513+569 Y104+Y37 2512F-2519F
513 Y104 2332F-2329F-2344F

514+563 Y102+Y33 2318F-2315F
514 Y102 2524F-2531F,2352F

515+567 Y112+Y36 2326F-2323F-2532F-2539F
516 Y110 2313F-2522F-2529F-2100F-2339F
517 Y113 2520F-2527F-2340F

未確認分 Y106,Y117(501,509)


▼313系4両(含む2両)
522+528 Z4+Z5+Y10 2320F
523 Y8 2848F
525 Y6 119F-328F-335F-338F
526 Y14 326F-337F-340F
527 Y12 146F
529+565 Y13+R116 321F-322F-333F-336F-343F-回500F(17:26)
530 Y9 332F-339F-332F-342F
531 Y7 318F-325F-139F-128F-148F
532+560 Y2+Y32 127F-136F-2335F-2350F
533+561 未確認  回507F(10:31)

未確認分 Y1,Y3,Y4(検査中?),Y5,Y11,Y13,Y15(521,524,528,533,予備2編成)…代走による1編成多い

542+552 J3+Y34 2322F-2319F,2346F
543 J4 2846F,回653F(17:59)
544 J5 115F-324F-331F-334F-345F
545 J6 129F-136F
546 J7 124F-135F-144F
549 J10 320F-327F-330F-341F-344F
550+569 J1+Y37 2534F-2541F

未確認分 J2,J8,J9(541,547,548)
2両未確認分 Y35Y40,Y41,Y42,Y44,Y46(551,561,562,564,566,568,予備1)…但しR116代走、Z4+Z5のY0代走で、1編成少ない



▼しらさぎ、ひだ熱田回送
編成番号ではなく、米原方クモハ方車番とします。
5M 681-502 9:35
7M 683-8501 11:29
9M 681-504 13:29
11M 未確認 15:28 
キハ85 17:43

4M 683-8501 10:59
6M 681-504 12:58
8M 未確認(名古屋14:48)
30D 15:14
12M 681-502 17:58


▼383系神領車
71 A9+A204 1016M
72 A6+A102 1014M-1021M
73 A1+A103 1009M-1018M
74 A8+A203 1004M-1011M
75 A3 1008M-1015M
81 A7+A202 1010M
82 A5+A205 1012M-1019M
83 A2+A201 1006M-1013M

A4 回9045M(10:05)-8035M-8032M-回9042M


▼神領車その他
回送列車の時刻だけです。金山通過時点。
回740M K117+K100+B0 15:19
回742M B501+B504(米原方) 16:19 2852F
回744M B502 16:48
回746M B205+B206(米原方) 17:44


▼東海道線貨物
メモ記入していない列車に注意。
下り
9:52 EF210-157 コキ 5085
10:17 EF210-173 コキ 69
15:15 石灰石 5783?
16:30 セメント 5767

上り
10:41 EF210-148 石灰石 1552
13:42 EF210-103 コキ 62
14:11 EF210-136 コキ 1050
15:26 EF210-160 コキ 1054
15:57 EF210-150 コキ 5074
16:28 EF210-172 石灰石 5782
16:42 EF210-132 コキ 68

以上となります。ありがとうございました。



2020/12/29の名鉄運用調査結果(土休日ダイヤ)

20-12-29-01
【画像】東岡崎の折返しは豊明回送の模様
普通列車2本が併合の上回送、土休19時台以降は、東岡崎折返の下り始発普通列車がなくなり、伊奈から来る普通が東岡崎からもそのまま普通となり、30分に一本に減ります。

このため、こうした回送や、そのまま上り回送で伊奈方面もあるようです。

どうも名鉄では、駅構内の入換は、駅に所属する構内運転士の専従のようです。
他社で良くある、乗った乗務員が、そのまま、折返しの際に入換を担当する訳ではないようです。これで、乗務員の拘束時間でしょうか、入換分がなくなりますから、本来の乗務で時間が稼げます。この東岡崎では、10名の構内運転士さんがいるようで(信号所の中がホームからでも分かり、名札を数えてみたら10名でした)すが、他の駅でもこのようなパターンのようです。

もっと言えば、構内運転士が駅にいることで、ダイヤが乱れた時は、折返しでもある程度融通が利くのでしょうか。

2020-12-31 12時掲載開始

さて、2020/12/29(火曜日)に確認しました、名鉄運用調査結果(土休日ダイヤ)となります。ツイッターでも少しありましたが、12/13(日曜日、8:20~11)の確認が大きく、その後など、他の時間帯での情報を確認したいという気持ちで、色々と準備をし、実際の運用調査となりました。

今回は栄生ではなく金山駅です。お陰様で、常滑線の折返しが把握出来ております。


20-12-29-02
【画像】金山駅配線図(鉄道ダイヤ情報2020-11月号付録から)

金山-神宮前は複々線で、名古屋本線と常滑線の線路が別々です。金山から岐阜方面は、用地や地下区間などで複線だけな上、列車が輻輳する金山-枇杷島分岐点間で、その、常滑線一部列車を金山折返しにすることで対応となります。

名古屋方面~常滑線の列車は、この配線から、中央の内側の線路となりますが、金山のホームは必ず2番か3番となります。ただ、金山折返し列車の据付と重なる場合は、複々線間のシーサスクロッシングに転線して、1,4番線扱いの場合もあるようです。

名古屋本線は1,4番線となりますが、若干で金山折返し列車がありますので、そのシーサスを活用して2,3番となります。

名古屋方にある折返線は、下り線側から5,6となりますが、どうも10両分の長さがあります。金山駅自体の10両対応ホームと余裕があり、JRとの共同駅化後(1989年7月9日)は、バブル期故に10両運転の計画があったのかは不明ですが、構内は余裕があります。

その折返線で縦列に留置することも多いようで、上図では「5奥」「6奥」としましたが、これは実際の正式名称ではありません。既にその奥に車両がいる場合は、入換信号ではなく、誘導信号で入線することになります。

夜間留置は、5番線と手前側(駅側)に、4両1編成、5番線の奥に2200系6両、6番線の奥に4両1編成のようです。4両はいずれもT4、3500系などの4両のようです。どの列車で出入庫かは、時間的な制約で未確認です。

土休日ダイヤで、出庫は530E,651,特急車は回送、入庫は8261G,8263G,2420でしょうか。今回は9:20-18時台と日中のみのため、未確認時間帯、18時以降と終電、始発と8時過ぎまでなど、今後の課題となります。


日中の折返しは、そのまま次の列車となる場合もありましたが、奥に留置していた車両の出庫、回送など、変則的な所がありました。思った程簡単ではありません。

ともあれ、まずは、12/29(火)の運用調査結果を先にまとめましたが、データが余りにも膨大だったため、Excel2019で整理し、PDFファイル形式としました。HPにも掲載しています。


2020/12/29(火)名鉄金山駅運用調査結果【土休日ダイヤ】
名鉄金山駅運用調査結果【時間別】|2020-12-31掲載開始
名鉄金山駅運用調査結果【運用及び編成別】|2020-12-31掲載開始


運用及び編成別で、ある程度の日中運用の流れが分かりますが、一部特急運用で差し替えがあった模様です。1702F絡みなどとなります。1702Fで2回本来の運用と繋がらず、だるま落としをした模様です。また、B6→C6代走が1往復ある模様です。


この運用調査結果からのデータご利用は、ご自由にどうぞ。但し、記入ミス、認識相違等があるかもしれません。


鉄道ダイヤ情報 2020年 11月号 [雑誌]
鉄道ダイヤ情報編集部
交通新聞社
2020-10-15



列車番号T-TAKE(てぃーていく)
列車番号T-TAKE(てぃーていく)サイトはこちらです。
メッセージ
ツイッター ttakewebpage
ttakewebpageのツイート
記事検索
月別アーカイブ
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
  • ライブドアブログ