列車番号T-TAKE(てぃーていく)

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線運用表を掲載しています。

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線運用表を掲載しています。

能勢電運用変更推測(2019/12/3)

17-04-04-02
【画像】能勢電鉄平野車庫
向かって川西能勢口側

2019-12-18 5時掲載開始

2019-12-3時点で、能勢電鉄の運用が一部変わったというツイートがあり、色々と推測してみました。

どうも、上記画像左に停車している2本の列車の番線(車庫1,2号線)が、何らかの工事で線路閉鎖・架線撤去となり、その留置スペースと、車庫留置線の関係で、新たに、日生中央駅4号線の手前と、平野駅2号線の分散留置が発生した模様です。

本来ならば、当方自身で確認すべき話題ですが、遠隔地に多忙もあり、勝手ながら、ツイッター上の情報を引用させて頂きます。この甘えに、ご了承をお願いしたいと共に、感謝を申し上げます。

このため、推測運用となりますので、実際と異なる場合があります。また、運用表上ではまとめず、ブログ記事として補足的にまとめ、掲載することにしました。

当方自身で現地確認出来た場合、運用表に反映する予定です。出来る限り早期に確認したいですが、早くても、阪急終夜運転運用調査の便乗かもしれません。




19-12-03-01
【画像】平日運用
まず、平日運用は、上述のような変更ではないかとみられます。日生中央駅4号線の手前と、平野駅2号線の分散留置が発生していますが、日生中央4号線は、駅2号線から、さらに奥の行き止まりの番線となり、手前が駅側、奥がどん詰まり側となります。

現在のダイヤでは、奥のみの留置でしたが、元々は縦列留置でした。12運用から、2017-3-18ダイヤ改正の9運用化により、3運用が減り、1運用は予備編成化(予備2→3化)、2運用は廃止し、山下5号、日生中央4号手前の留置がなくなっています。

日生中央4号手前の留置は、復活となります。このため、奥留置の運用と併せて変更となっています。

続いて、平野駅2号線ですが、山下5号では、乗務員や回送の関係で設定をせず、駅留置を増やす形となっています。乗務員乗務区が平野が最寄り駅なためです。山下5号の復活は色々と面倒でしょう。

但し、平野駅2号線は、逆出発、即ち、日生中央・妙見口方には出発が不可能です。更に、2→川西能勢口方→1号の入換も不可となります。

車庫から日生中央・妙見口方の出庫は、駅3号線のみとなります。この線路、信号制約の関係で、平野駅3号留置の運用も一部変更に、2号留置の出庫は、2→川西能勢口方→3号と、入換が必要となります。

即ち、平日運用の場合(数字は運用表の整理番号)
平野車庫→3003→妙見口2→502→平野車庫
平野車庫→742→日生1→560(AM)→平野車庫
平野車庫→4302(PM)→日生4手前→4401→平野車庫
平野車庫→臨回→日生4奥→624→平野駅2→540→妙見口1→500→平野駅3→3001(AM)→平野車庫
計、9運用+別途平井回送1運用という具合の模様です。

入庫は、
平野2-2482
平野3-2480
日生1-2465(変更なし)
日生4手前-2263
日生4奥-回送★
妙見口は変更なし

となる模様です。
★は、平野15:50発で車庫出庫、日生4奥入庫回送になるパターンと、もう一つ、平井回送朝回送(阪急回送運番123-154)の、平野到着後、そのまま日生4奥入庫回送になるパターンの2つがある模様で、何れか1列車となります。

これらは、検車の都合によるものではとみられます。
19-12-03-02
【画像】土曜・日曜休日運用
土曜・日曜休日運用は上記の通りとみられます。前平日で、日生中央奥にいる車両は、土休日では出番がなく、終日留置となります。

平野2,3号出庫ですが、平日は540(2号),回3001(3号)と、そのまま出発となりますが、土休日だけは、2号留置の車両で入換となる模様です。

平野2号出庫-回4401(6:25頃)
平野3号出庫-回3001(5:15頃)

回送の時刻が早くなっている、元々が始発上りより早い可能性がありますが、出庫は、上述のような信号や線路の関係で、まず3号線を最初に空ける必要がありますので、下り始発の妙見口回送ではとみられます。

これが出発後、2号線にいる車両を、3号線に入換をさせます。始発上り500列車(5:19発)以降の上り列車を、2号線で客扱いさせるための入換です。既に3号線の車両は、営業列車では着発設定がなく、下り始発の妙見口回送として出庫したため、空いていることになりますので、回送出発までの間、ここで待機とみられそうです。

回4401は、どうも当方の認識不足で、土曜日の場合、回3003の後ではなく前が所定のような感じです。

何分遠隔地のため、平野の回送時刻は、確認が難しく、未確認のままでした。しかし、"#能勢電運用"のツイッター上の結果から、この方がしっくり来ます。車庫出発や2号線入換、逆出発は3号線のみなため、土曜日は回3003が2番目下り回送ではなく、回4401が2番目の下り回送なのが、元々の所定ではとみられます。

その結果、土休日で平野2号出庫列車となった、ということになりそうです。

土曜運用
平野車庫→4101→平野駅3→3001→日生1→560→妙見口2→502→平野車庫
平野車庫→4403→平野駅2→4401→日生4手前→664→平野車庫
妙見口1→500→妙見口1
日生4奥運用なし

日曜休日運用
平野車庫→4403→平野駅3(翌土休は2)→4401→平野駅2(翌土休は3)→3001→日生1→560→妙見口2→502→平野車庫
妙見口1→500→妙見口1(1500で取替注意)
日生4奥運用なし


但し、平野2,3号入庫で複雑のようです。
▼土曜で翌日曜休日の場合
4403-平野2号入庫-2480
4101-平野3号入庫-2380

▼日曜休日で翌平日の場合
4401-平野2号入庫-2380
4403-平野3号入庫-2480

ツイッター上の"#能勢電運用"をまとめると、それぞれ入庫が逆となるような感じがします。

但し、「日曜で翌平日の場合」で、翌日も日曜休日と続く「連休の場合」は、2380が3号、2480が2号として、妙見口1号運用の1500列車の取替設定以外、車庫→車庫でつながりますから、そのままではないかと思われます。

そうしないと、平野2号→平野2号となり、取替設定が所定では未設定、駅の掲示でも案内が必要となりますので、翌平日のみ号線をトレードする形で対応とみられます。

▼日曜休日だが翌日も日曜休日となる連休の場合
4401-平野2号入庫-2480
4403-平野3号入庫-2380

これを確認出来るのが、次回の連休、12/29(日)~2020/1/5(日)となりますので、現時点では完全推測となります。
17-04-04-01
【画像】平野駅、日生中央・妙見口方面

左から、1-2-3-車庫15号線となります。車庫15号線は夜間留置がありますが、車庫なため、運用上のパターンは一定しない模様です。

このような具合で、運用変更がしっくりと収まる気配です。如何でしょうか?





阪急阪神、神戸ルミナリエ臨時列車(12/11 1時更新)

12-12-09-8048-1211
【画像】阪神の臨時急行は土曜日のみとなります。

2019-12-8 16時掲載開始
2019-12-11 1時更新(12/8の運用調査を反映)

阪急阪神、神戸ルミナリエ臨時列車、現行、阪神2016年改正ダイヤ(近鉄2018年変更)では、これらをまとめていなかったようで、改めてまとめます。

但し、12/8に再調査予定でしたが、運用調査完了、概ね予想通りでした。この結果を踏まえています。


▼阪神の場合
尚、下記は、近鉄時刻表2018と併せてご覧いただくことをお勧めします。

「神戸ルミナリエ」開催時の土・日曜日(12/7・8・14・15)に神戸三宮発の臨時列車を運転します

19-12-08-01
▼神戸三宮20:38発臨時快速急行尼崎→尼崎から普通奈良【阪神車相直6両、12/8(日)はHS54 1204F】
通常快速急行運番1923→神戸三宮20:16着からの移変となり、石屋川19B入庫が取消、8022として充当し、尼崎から2182-5175-5274-2387と充当し、尼崎0:00着尼崎入庫となりました。
19-12-08-02
▼神戸三宮20:50発臨時快速急行尼崎→尼崎から普通奈良【阪神車相直6両、12/8(日)はHS61 1211F】
石屋川留置の阪神車近鉄相直編成を出庫させ、8024として充当し、尼崎から2184-5177-5372-2481と充当し、尼崎0:24着尼崎入庫となりました。
19-12-08-04
▼神戸三宮21:15発臨時快速急行奈良【近鉄車6両、12/8(日)はDH24 5324F】
その前に、尼崎19:42発準急奈良行1988は、近鉄車の運用ですが、1983(尼崎19:36着)で入庫させ、1988-2051-2150-2189-尼崎22:09着の1往復のみ、阪神車相直6両に充当変更(当日はHQ08,9207F)となりました。

当日、大和西大寺から、この準急にたまたま乗車し、そのまま尼崎まで行きましたが、この通りでした。

1983で尼崎入庫した近鉄6両は、回8021として、20:36尼崎発神戸三宮回送、折返臨時快急8124に充当、尼崎で通常快急2124(21:52発)に移変、前8両連結となり、以降、2124-回230-大和西大寺入庫となりました。

2124の前運用は2121(尼崎21:27着、当日、DH22+VE72)となりますが、到着後、後VE72の2両が解放となり、その2両は、上述2124の増結となりましたが、前6両のDH22は、上述2189の次運用、2282として戻る形となり、所定近鉄車運用となりました。(2282-8253-5376-東花園入庫)

尚、石屋川19B、石屋川車庫入庫編成がなくなることになりますから、2089(尼崎21:04着、近鉄列番371出庫運用、運用表整理番号35H)と、2091(尼崎21:13着、阪神運番1882出庫運用、運用表整理番号57H)の、尼崎入庫を、それぞれ、石屋川19B入庫回送/石屋川車庫入庫回送となる筈です。(所定では、2089折返2182、2091折返2184となるため)

これらも予想通りで、それぞれ、HS62(1212F)とHS55(1205F)の充当でした。尼崎発回送は21:11.00発,21:22.00発となり、石屋川19B、車庫も予想通りでした。

これで、阪神車神戸ルミナリエ臨時快速急行運用の変運用として、合致となります。


▼神戸三宮21:39発臨時急行大阪梅田【阪神車6両、土曜のみ運転
これは土曜日のみの運転、8240となります。甲子園22:03着から、通常急行2240となり、2240-2245-回5245-石屋川充当となります。尚、この編成は石屋川予備からの充当となります。

これにより、2240の前運用2147は、甲子園21:56到着後、そのまま石屋川回送入庫となります。日曜日は運転されませんので、通常運用で変更なしとなります。

以上のような具合となりました。

▼阪急神戸線ルミナリエ臨時列車について
https://tokk.hankyu-ad.jp/degital_new/20191201/#p=7
これらに詳細がありますが、
神戸三宮発
21:44 臨時特急
22:00 臨時特急
22:40 臨時快急(※土曜のみ運転)

となる模様です。西宮北口からそれぞれ、7101,7103,7201として回送出庫、臨時列車の運番は、R8100,R8200,R6226とみられますが、それぞれ充当とみられます。阪神競馬は本場開催なため、臨時急行に充当した編成が、そのままルミナリエという可能性が考えられます。

尚、2019/12/7は、それぞれ、1001F-7008F-7010Fだった模様(2019/12/8は、1008F-1007F)で、両日共、臨時急行の運行順(7685-7687-7689)と同じだったという情報です。

これらは、既に、阪急神戸線土休日運用表にまとめています。12/14,15のご参考までに。

北陸新幹線、半年程度の間引き・折返運転やむを得ずか?

14-07-17_nagano
【画像】2014年、北陸新幹線開業前の長野駅新幹線ホーム

2019-10-13掲載開始
(その後の進捗による更新は行いませんので、最新情報にご注意下さい)

この度は、台風19号による影響により、被災されました皆様におかれましては、謹んでお見舞いを申し上げると共に、一日も早いご快癒を、微力ながら、お祈りをさせて頂きます。

各地で被災の状況が伝わっておりますが、私としましては、長野県内は、知人からフォロワー様等々等にも恵まれ、アルプス、ムーンライト信州、あずさなどと何回も利用し、若い頃から足繁く行っておりましたので、長野県内の被災が辛い心境です。

【JR東日本】台風 19 号による JR 東日本管内の設備等の主な被害状況について
https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191013_ho01.pdf

特に、長野市北部にあります、長野新幹線車両センターは、長野新幹線開業時からの車庫機能として、地域経済から新幹線輸送に至るまでの役割として、重要な車両基地となっておりました。
EGtuD0UUUAAIDhl EGtuENJU8AAHoJs
【画像】被災地域のハザードマップ
右画像多数の線路の部分が、新幹線車両センターの位置ですが、真っ赤な地域でした。

しかしながら、既に報道にありますが、東日本E7系19編成(他に上越用3編成有)に、西日本用W7系11編成、計、30編成が、北陸新幹線用の車両となりますが、1/3に当たる10編成の車両が、ここで、千曲川決壊による浸水水没により被災してしまいました。

東日本8編成、西日本2編成の被災が判明されており、ツイッター上では、F1,F2,F8,F10,F16,F18,W2編成の被災とみられ、残りの3編成は、交検庫内で被災とみられます。

即ち、冒頭画像左から2つの目の車両も、当該車両として被災、とみられそうです。

JR時刻表 2019年10月号
交通新聞社
2019-09-20


▼車両運用と今後の北陸新幹線の輸送課題
こちらのサイト様で、東日本新幹線運用表が掲載されておりましたが、E7系の場合14運用、W7系の場合は9運用の模様です。東で19編成予備5、西で11編成予備2と、思った以上に予備編成が、元々から厳しいようです。

西日本で2編成被災のため、予備車が存在しなくなります。検査用予備を2編成と想定も、2~3運用は間引きする必要がありそうです。

東日本で8編成と被災車両が多いのですが、E4系が20編成の配置に13運用予備7、E2系は12編成の配置に9運用予備3となります。E4系で比較的予備車に余裕がありますが、臨時列車でどの程度まで充当となるかでしょう。

しかしながら、長野乗り入れ対応のE4系は2編成しかなく、碓氷峠の勾配で長野方面で制限もあるようですから、E7系上越新幹線(3編成、E2系1000番代置き換え用)の運用に、E4編成の代走がまず考えられそうです。

それでも現状は3編成の捻出のみとなり、現状の北陸新幹線のダイヤや車両運用では、車両不足となります。

長野新幹線車両センターでは10編成が留置でした。上記サイト様の運用では、東8、西1運用の出区とみられ、残りの西1運用は臨時列車でしょうか。長野配置の予備車がないような気配(長野駅に留置の車両があったかは不明)ですね。


▼半年程度の間引き運転はやむを得ず?
即ち、「相当な間引き運転を余儀なくされる」ではないかとみられます。仮に全区間運転再開も、速達タイプのかがやきを全て運休、各駅停車タイプのはくたかにしても、ギリギリの状況でしょうか。

また、長野方面では車庫以外に、車両センターの変電設備に、線路自体が冠水のカ所が報道ではありました。幸いにも、上越妙高駅は、2面4線で折返が出来る設備があり、上越妙高-金沢間で各駅停車による折返し運転も予想出来ます。

以南は、高崎-長野間で折返運転でしょうか。高崎駅の配線をみても、折返が出来ても1本程度。

即ち
★高崎-軽井沢・長野間で各駅停車の折返運転
★上越妙高-金沢間で各駅停車の折返運転
★航空機による臨時便運行

が予想出来ます。

★高崎-軽井沢・長野間で各駅停車の折返運転
必要最低限の運転として、各駅停車の高崎以北の折返運転で、E7系,W7系の必要編成数を限定的にするという考え方です。高崎での乗換が必要となりますが、上越新幹線でしか運行できない、E2系,E4系で、高崎以南の輸送を補完させる方法です。

新幹線の特急料金は改札を出ない限り、通しで計算する規則は元々から存在します。長野県内・軽井沢から東京方面への通勤通学需要が元々から相当数存在するようですから、折返運転が望まれます。(5日以上運休となれば、規則上新幹線定期・回数券の有効期間延長となります)

2019/10/13 18:30時点、東京-長野間で折返運転で、本数限定で再開の模様です。思ったよりも復旧の環境は良かったようですが、本数が少なめです。
03-02-23_E653
【画像】E653系(※画像は常磐線での運行当時)

★上越妙高-金沢間で各駅停車の折返運転
上越妙高からはえちこトキめき鉄道・信越線・北越急行・上越線で越後湯沢間の迂回乗車も、北越急行の特急車681系は、既にJR西日本車両となり、仮に貸し出しても、乗務員の研修、ほくほく線の地上設備で160Km/h対応はなくなっている模様(110Km/hが最高速度?)ですので、余りにも非現実的です。むしろ、現在の北越急行車両での対応のみでしょう。

むしろ、上越妙高-長岡間の迂回輸送が現実的でしょうか。所要時分が1時間少しと、ほくほく線経由とそれ程変わらない時間のようですし、JR東日本側で現在も「特急しらゆき」が、上越妙高-新潟間で運行のため、上越妙高-長岡間のシャトル列車で増発という形です。

E653系新潟車はこちらで予想の運用表がありましたが、いなほで5運用、しらゆきで3運用、いなほは6両7編成に予備2、しらゆきは4両4編成で3予備1となり、1時間に1本程度の上越妙高-長岡間のシャトル列車増発も、2~3編成は必要でしょうか。

しかしながら、勝田に戻ったK70編成(E653系)の代走に、115系の廃車を先延ばし・検査を通すなどが必要となりそうです。


尚、すでに、米原・名古屋周りでの迂回輸送は、乗車券相当ならば可能となってます。やはり、米原経由の迂回がベター、最善の策でしょう。(名古屋からひだ-富山もありますが、富山直通列車の本数が少ないですね)

特急券だけ別途支払う必要がありますが、東京-金沢間指定席通常期6900円(乗車券7480円)に対し、米原経由ですと、ひかり-しらざきで6510円(乗車券9790円)、のぞみ-名古屋-しらさきでも6390円(乗車券9790円)と、元々が北陸新幹線経由よりも特急料金は安い(※但し、乗車券は北陸新幹線経由が東京-金沢間の場合2310円安くなるため、米原周りの乗車券が高くなり、迂回輸送の適用が安くなる)ため、時間は要しますが、問題は無いでしょう。

しらさぎも6両編成から、米原-金沢間は9、12両に増結・臨時列車の運転になるだろうと思われます。京都経由サンダーバードによる迂回輸送も可能なため、のぞみ-京都-サンダーバードも乗車券振替乗車は可能、のぞみの米原臨時停車は、ダイヤや、現状のひかり下りが米原でのぞみを待避するダイヤなため、考えにくいでしょう。

北陸新幹線回数券の迂回輸送は、乗車券部分相当のみ有効でしょうか? 乗り放題きっぷなど、その当たりの対応は、個別でJRに確認する必要がありそうです。


いずれにしても、10編成120両の被災となり、復旧工事も、水没による被災のため、出来ても機器を総取替、最悪の場合、新車に置き換わる形での代替の可能性があります。

車両の新造は半年以上は要しますから、今から、E7,W7系の製造実績がある、川崎重工、日立製作所、総合車両製作所、近畿車両などに発注しても、来年のダイヤ改正に間に合うかも微妙でしょう。製造ラインに余裕があるかどうかも問題です。
19-0-10-14-ANA 19-0-10-14-ANA2
★航空機による臨時便運行

もっと手っ取り早い方法は、旅客機の増便。

富山空港・小松空港で、羽田からの臨時便が設定かも不明ですが、全日空便では、10/13 17:30時点、14日は、羽田-富山は上下便とも満席【画像】となってますね。小松空港便も同様でした。

ただ、13日は20:10発の富山-羽田の臨時便が急遽設定されてました。今後も臨時便の設定や、機材も定員が多い機種の変更が予想出来ます。こまめなチェック、余裕があれば株優の金券ショップ(座席数制限有、変更は一部制限有)調達も早めの方がいいかもしれません。

北陸方面は、富山・小松の他、能登空港が存在します。兎に角、あらゆる情報収集で、上手く利用したい所ですね。
防災グッズ 防災セット 備えて安心 防災17点基本セット 一人用
防災グッズ 防災セット 備えて安心 防災17点基本セット 一人用
【ポイント2倍実施中】防災セット(災害対策30点セット) YBG-30 家族 避難セット 避難リュック 防災グッズ 地震 非常用持ち出し袋 防災リュック 防災バッグ 防災バッグ30 台風対策 山善 YAMAZEN【送料無料】
【ポイント2倍実施中】防災セット(災害対策30点セット) YBG-30 家族 避難セット 避難リュック 防災グッズ 地震 非常用持ち出し袋 防災リュック 防災バッグ 防災バッグ30 台風対策 山善 YAMAZEN【送料無料】
列車番号T-TAKE(てぃーていく)
列車番号T-TAKE(てぃーていく)サイトはこちらです。
メッセージ
ツイッター ttakewebpage
ttakewebpageのツイート
記事検索
月別アーカイブ
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
  • ライブドアブログ