2020-5-9 20時掲載開始

(1回目2回目)
2020-5-9までに、6動画(2動画分区別掲載含む)を追加し、都合23動画となりました。

自宅待機の暇つぶしに…、テレワーク、自宅仕事でのながらの効果音に…、等々、お楽しみ下さい。
出来ましたらチャンネル登録もお願いします!!

#コロナをぶっ飛ばせ #鉄道走行音 #自宅待機 #StayHome #ステイホーム #チャンネル登録よろしくお願いします

【鉄道走行音、運行管理システム前の大阪・京都駅も】JR西日本201系、JR京都線普通大阪→京都  2000年の収録当時は本線系統や宝塚線の普通で活躍した201系ですが、323系新製や221系転入等により、20年経過した2020年では、奈良支所大和路線・おおさか東線・桜井線と和歌山線の一部のみの走行となりました。  ですから、本線系統や宝塚線の201系も、過去の彼方、記憶も薄らいでいますので、これを掲載します。  併せて冒頭に、2019-7月、こちら( https://youtu.be/MYr20R9YOSw )で掲載した、「【19年前】2000年11月5日のJR大阪駅(接近放送など)」は、僅か1分足らずの大阪駅構内放送でしたが、この走行音では、これ以降、列車出発までの、未公開分を含めて初掲載します。  その女性声は、沢田敏子さんによるナレーションで、国鉄末期の頃から、運行管理システム(JR琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)が導入される2002年まで、大阪駅の「声」として、乗客に親しまれました。  これらは、国鉄時代の自動放送で、標準仕様な声だったためか、JR上野駅、JR松本駅(2020年現在も聴ける模様)など、全国各地に同じような音声が存在でしたが、子供自分の大阪駅の撮影時も、この声の印象が強いですし、明瞭かつ分かりやすさにシンプルで、聞き取りやすいですね。(今の自動放送は、個人的には些か賑やかすぎます)  また京都駅も現在と異なります。京都駅は最後に少しだけですが、併せて盛り込んでおります。  さて201系は一部区間の走行音となりますが、JR総持寺、島本、JR桂川駅がない頃でしたので、現在の土休日508Cに相当する列車で、3分程早い所要時分でした。  201系らしい、キビキビとした走りと唸り、そんな鉄道走行音は、ここでいつでもお聴きになれます。
【鉄道走行音、少なくなった初期型VVVF】JR西日本207系学研都市線・東西線・宝塚線快速1507M、奈良→宝塚  最近の207系は、体質改善、リニューアルと機器更新が進捗し、0番代4両編成として登場したZ編成も残り僅か、その次は、3両編成で登場し、JR東西線開業により4両化となった、H編成の出番という模様です。  従って、JR初期に学研都市線新製配置や、宝塚線(※当時の宮原総合運転所新製配置)で登場した、207系の初期型VVVFインバーターは、IGBT素子による機器更新で、初期型走行音が減っておりますので、これを掲載します。  奈良→宝塚間の快速1507M列車となります。2020-3-14ダイヤ改正での、土休日5427M(木津652→宝塚832)に相当する列車です。  木津発は今も時刻は同じですが、松井山手発が、現在は7分早く出発となりました。当時、4+3両編成の3両分割併合は松井山手駅でしたので、この関係で、当時は7分遅いダイヤでした。  京橋は755発ですが、現在は京橋749/52なため、現在29分に対し27分でした。星田停車の分増えています。宝塚は830着、現在は832着と2分間延ですが、京橋3分停車、尼崎3分停車は、2000年当時は各1分でしたので、やはり、今とは違う"厳しいダイヤ・時分"だったことが窺えます。しかしながら、福知山線脱線事故の4年5ヶ月前、さらに2000年当時は、星田・中山寺通過の快速でしたので、事故前比較でも、まだ"マシ"な、所要時分設定だったかもしれません。  JR東西線内の駅構内放送は、1997年開業時のCTC/PRCシステムによるもので、現在とは異なると思います。奈良駅も高架化前の地上駅時代でした。収録から20年経過していますから、既に分割併合もありません。今と比較しつつ、走行音をお聴き頂ければと思います。
【鉄道走行音、伊予に響く日立VVVF】JR四国7000系、予讃線伊予西条→松山→伊予市  予讃線電化と共に新製で登場した、JR四国7000系、日立製GTO素子VVVFインバーター車を搭載した車両で、1~4両にワンマン運転と、普通列車で幅を利かせる車両です。  現在、機器更新でこの走行音が減っている模様ですので、掲載します。伊予西条から伊予市の区間となります。  東武10080系の機器更新前など、私鉄でよくある走行音です。 (観音寺→伊予西条間は2両運転も、観音寺1245→伊予西条1353 4127Mはワンマン2両で、後部モーター車が回送〆切のため、この区間の収録はありません。) (7016の富士電機製IGBT素子VVVF車は、訪問当時松山駅の車庫留置だったため、収録が出来ぬままです。現在は既に換装の模様です。) (一部不具合がありましたので、2020/5/9に再掲載しています。) 【鉄道走行音、日本海縦貫線完全走破その2】JR特急485系白鳥、新潟→大阪(特急白鳥廃止前) その1はこちら( https://youtu.be/QjVjAtmCUfA )です。  青森→新潟間( https://youtu.be/QjVjAtmCUfA )に続いて、新潟から大阪間です。途中、新津で扉に雪がの塊が挟まり、除去した以外は何もなかったですが、全体的に10分程度の遅れでした。これにより、まだ運行管理システムがなく、駅扱いだった大阪駅当時が、2→3番線に変更となっています。  直江津から先、金沢までは、北陸新幹線開業による転換区間となっておりますので、現在では特急列車すら経由しません。2023年の北陸新幹線敦賀開業となれば、それが敦賀まで延びることになり、在来線特急列車が多く往来した北陸線も、過去帳となります。  新潟から車掌はJR東日本新潟運輸区の方に変わりますが、直江津で交代はなく、終点大阪まで越境乗務でした。当時はこうした乗務が多かったですが、2004-3ダイヤ改正で、各社毎での乗務員となりました。  まだ雷鳥も新潟行が存在でしたが、白鳥の廃止と同じく定期列車の新潟雷鳥も、2001-3ダイヤ改正で廃止となっていますので、大阪までのJR東日本車掌の乗務は、恐らくこの時期で完全廃止ではと思われます。 (反面、JR西日本は寝台列車・青森までの乗務は、トワイライトエクスプレス等でその後も継続でした。)  糸魚川手前、敦賀発車後と、交直セクションが2回も通過しますが、村上手前もありましたので、同じ列車で3回もセクション通過も、特急白鳥ならではの特徴でした。交流区間は50Hz、60Hzと異なりますから、どちらも対応な、485系の本領を発揮する列車でした。現在、異周波数を跨ぐ旅客列車は存在せず、貨物列車のみとなります。  柏崎で車内販売の声がありましたが、新潟・直江津・金沢と各駅で積み込みだったようです。販売業者もその都度交代だったかもしれません。弁当や飲料には困りませんでした。  また、私の隣に座っていた方は、秋田から京都まででした。会話をした記憶はありませんが、意外と一般客でも長距離利用があったようです。   こうした、のんびりとした在来線特急はなくなっていますが、走行音はいつでもお聴きになります。お楽しみ下さい。 (音量が小さいご指摘により、再編集の上再アップロードしています。これ以上は音割れや、原盤自体で入力音量が比較的小さい関係もあり、行いません。音量にご注意下さい)
【鉄道走行音、日本海縦貫線完全走破その1】JR特急485系白鳥、青森→新潟(特急白鳥廃止前) その2はこちら( https://youtu.be/DyU1Ebxr8DM )です。  2001-3月ダイヤ改正で廃止となった、特急白鳥全区間の走行音ですが、所要時分が12時間55分もありますので、新潟を境に2つに分けて掲載します。まずは、青森→新潟間です。  車内は混雑しておりましたので、話し声が入ったり、また、485系の特性で、モーター音が籠もって聞こえにくい場合がありますが、順調に新潟まで運行されました。  2001-2-13(火)の大阪行の編成は下記の通りでした。 ←9号車、新潟先頭////新潟以降大阪先頭 1号車→ TC481-111+M103+M'207+MM'72+TS68+M128+M'232+TC103  この、2号車のモハ484-232、11番A席となります。一ヶ月前の1/16に切符を調達も、大半が既に埋まっており、このような車内中央付近の座席となります。制御器搭載車ではなく、変圧器・整流器搭載車となりますので、交流区間はその音も響きます。  モハ484-232は、新製配置青森(1972-10-20川重)、1979-3-20金沢、1985-2-26向日町、以来、683系4000番代増備で、2010-8-20に廃車となるまでは、一貫して京都配置でした。ですので、走り慣れた線路となります。  長時間ですが、お楽しみ下さい。 (音量が小さいご指摘により、再編集の上再アップロードしています。これ以上は音割れや、原盤自体で入力音量が比較的小さい関係もあり、行いません。音量にご注意下さい)

【鉄道走行音、讃岐路を西進】JR四国6000系、予讃線高松→観音寺  6001,6002と2編成しかいない、JR四国6000系の走行音です。同時期に登場した8000系の足回りに、211系の構体を設定変更した車体です。  検査時は7200系や7000系の代走となり、共通予備車となりますので、見つけるのも至難の業ですが、車両運用は固定であるため、運用を調べれば、となります。  この、高松→観音寺間の走行音です。 牛めしの具(プレミアム仕様)32個セット【牛丼の具】 お惣菜1個当たりたっぷり135g
牛めしの具(プレミアム仕様)32個セット【牛丼の具】 お惣菜1個当たりたっぷり135g

【5月8日以降発送】 松家 牛めし 牛飯( 冷凍食品 )牛丼 【 15食 】1食135g 牛丼 まつや ぎゅうどん ぎゅうめし夜食 お酒のつまみにも 巣ごもりに どんぶりの具 牛めしの具
【5月8日以降発送】 松家 牛めし 牛飯( 冷凍食品 )牛丼 【 15食 】1食135g 牛丼 まつや ぎゅうどん ぎゅうめし夜食 お酒のつまみにも 巣ごもりに どんぶりの具 牛めしの具