20-06-13-01
来春で名阪特急(甲、津停車)はひのとり(右)に変わる

2020-11-28 5時掲載開始

5Chの書き込みは真偽で分かれますが、「ダイヤ変更を見送る」などとか、色々とありますが、昨今のコロナ事由が影響ですと、納得は出来ます。

ダイヤ変更作業は実に大がかりな手間を要します。コストもでしょう。

近鉄は1年毎にダイヤ変更、例年3月の春頃が主でしたが、ここ最近のその時期をまとめます。

2013/3/17(これ以前は1年毎)
2014/9/21
2016/3/19(阪神同時)
2018/3/17
2020/3/14(阪神同時)

2013-2016年は、近鉄奈良線八戸ノ里-東花園間高架化の影響もあり、1年半と変則的でしたが、以降、2017,2019年がなく、事実上2年毎になっておりました。

この継続ですと、毎度運用調査をしている当方としては、色々と負担が楽になります。
JR電車編成表2021冬
交通新聞社
2020-11-18



2020年ダイヤでは、冒頭画像のように「新型特急ひのとり」72両の登場により、12200系スナックカーが全廃となりますから、2021年春でどうなるかは注目でした。

個人的には「ダイヤ変更有」と認識も、やはり、コロナの影響で「見送り」も予想が出来ます。

見送りでも、ひのとりの運用変更や名古屋方の回送列車の変更(米野か富吉か)という程度にもなります。大阪方でも東花園・高安の回送の変更や折返も同様でしょう。これに関連する、名阪乙(主要駅停車)の完全アーバン化、名伊系統の車種変更も、小変更程度で済む利点があります。

何よりも、ダイヤの変更はありませんから、駅掲示から時刻表、運行管理システム等の変更作業、乗務員の行路等々、色々なコストや影響が回避となります。

2008年から、通勤車で新型車両の置き換えがないため、特急以外は現状維持とならざるを得ない面もでしょうか。

それ以上に、阪神相直以降の他社との影響も大きく、2012/3/20以降は4年毎のダイヤ改正が阪神、となっているため、面倒で手間の掛かるダイヤ変更を回避したい実情もでしょうか。

当方としてはどちらも構いませんが、2年毎になるのでしたら、今回のダイヤ変更はコロナ事由で遅れておりましたので、今後ゆっくりと、充分に確認出来る見込みはあります。