列車番号T-TAKE(てぃーていく)

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線運用表を掲載しています。

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)+JR大和路線運用表を掲載しています。

業務連絡

8月以降の予定について

20-06-18-01
【画像】誘惑の近鉄-名鉄連絡改札口
管理と改札機は名鉄だが、券売機は双方の仕様がそれぞれの改札内に存在する。
この名鉄の券売機でμチケットや、恐らく乗り放題きっぷも買えます。

交通系ICのよる相互利用も可、名鉄線内(豊橋・名古屋経由JR東海管内)から山陽姫路まで、チャージ額も必要ですが、ICカード1枚で行けるようですね。

2020-7-23 19時掲載開始

8月以降、今後の予定をまとめます。

▼近鉄
名古屋方面は、伊勢ローカル普通運用と、土休日日中のみです。平日日中残りは、7/20に一段落も、それでも、20日にアーバンライナーで変運用が発生により、まだ尚も少し不審点がありますので、名古屋方面は残り最低でも2回は、7月末まで趣き、不審点の確認を解決させる予定です。(土休日は明日~日曜日の何れか1日の予定です)

伊勢ローカル普通運用はその合間となりますが、当方が思っていた以上に、明星での取替運用が存在する模様です。今回のダイヤでは、駅掲出時刻表で取替列車が掲載しておりませんので、裏取りが出来ません。

こちらは、不十分なままとなるかもしれませんが、他の名古屋管内の運用は、特急も含めてほぼ確定です。入出庫の両数計算をすれば、より確定になるかと思います。

その他、先に、コロナ理由で掲載して、OuDiaSecondV2ダイヤ掲載の関係と、先に遠隔地の名古屋線を確認したため、奈良線、大阪線が遅れておりますが、名古屋線次第で、奈良線、大阪線、南大阪線にも、ようやく本格的に動けると思います。

これらは8月以降となりますが、8月、おでかけきっぷのお陰もあり、何とか進捗させたいと思います。名張の一日跨ぎの確認も、充分に認識しております。


▼JR西日本
本日の日根野支所運用表掲載をもって、奈良支所運用表で若干の再確認項目がありますが、概ね一段落しました。過日の当方確認分と、フォロワー様からご協力を頂いた情報を、ようやくですが、総合的にまとめました。

関空特急はるかは、コロナ事由で減便運用となっていますが、これも反映させています。ただ、日根野運用は、過日の当方の運用調査でも、合間が殆どで、6時間で集中的に確認は出来ておりません。

ありがたいことに、フォロワー様もお力もあって完成に漕ぎ着けましたが、こういうこともあり、今後改めて、まとまった運用調査が出来ればという認識です。


JR時刻表2020年8月号[雑誌]
交通新聞社
2020-07-20


▼JR東海
既にこちらでもまとめておりますが、一段落しておりますが、継続調査になるかと思います。特に神領の土休日運用と、大垣車になるかと思います。変わらずです。

現在の所、青春18きっぷは未調達です。やっても土休日運用表の見直しと、午前中程度でしょうか。何れも、来月以降も含めて、どうするかはまだ分かりませんし、決めてません。


▼阪神山陽の運用表
この運用調査は早期(3月)や、運行予定公開など、ある程度済んでおりますが、運用表は、山陽の6両編成以外の運用がまだ掲載出来てませんが、先にOuDiaSecondV2で掲載はしております。網干線が気になるという所です。

実情としては、現在、近鉄運用調査で精一杯、OuDiaSecondV2では掲載済なため、もう少し先かもしれません。


▼この他
京阪は年内の更新は、現在の所見込めないと思います。南海も同様でしょう。ダイヤ改定や変更も当分はない模様ですので、そのままになるかと思います。阪急も同じくですが、あっても車両の動きの更新でしょうか?

また、祇園祭、天神祭、淀川花火、みなと神戸海上花火、PL花火等のイベントは、コロナにより開催がなく(もしくは中止)、去年運転され、運用調査した臨時列車も、運転されないのは確実です。

幸運にも去年運用調査をし、運用表にまとめ、ダイヤ改正や変更等もありませんが、しかし、今年は更新をするネタが中止によりないため、しばらくそのままでしょう。


兎に角、「近鉄の進捗」で手一杯ですね…。
しかしながら、独自研究活動は、こういう予定で考えてます。今後とも当サイトを宜しくお願いします。

欲しいものリスト

欲しいものリスト

2020-7-18 17時掲載開始

突然スミマセン。あんまり期待はしていませんが、当サイトでの編集作業での消耗品や資料の「欲しいものリスト」を上げときます。


▼列車運行図表
いわゆるダイヤグラムです、この他、運用図表、運用表など、内容は要相談です。
カラーコピーで印刷またはスキャナーによりスキャンしjpg化となり、ファイルを収録した電子版として、SD、DVDまたはBD送付、どちらかの仕様でお願いします。
(原本そのまま送付→私自身でスキャナー<所有しております>のスキャン→返却も可ですが、お問い合わせ下さい)
出来れば後者が歓迎です。前者もコピー代や送料は負担します。後者も送料にディスク代程度は負担します。
PayPay送金可能です。
※内容によっては私でまとめ、運用表をHPに掲載することがあります。
※内容によっては、私が必要としない場合もあります。
要相談です。


▼プリンターサプライ品




今使っているプリンターの替えインクです。充分の予備品は予めストックしてありますが、運用表調査メモ記入やダイヤの印刷が多いためです。310インクはブラックで使いすぎると擦れもあり、時々カートリッジも購入することで、カートリッジについたヘッドの消耗交換もあります。

これらは常々欲しいものです。

鉄塔雑誌等は電子版のため必要はございません。編成表等も同じです。
他は自腹で揃えておりますが、特にとして掲載しました。

宜しければ、よろしくお願いします。私に恵んで上げようという、とてもありがたいお方…、メールまたはDMでお願いします。

今後の見込み+構想(メモ)の続き(6/3時点)

今後の見込み+構想(メモ)の続き

2020-6-3 5時更新

その後、色々と考慮した結果

▼近鉄とJR
変更はありませんが、名古屋管内の運用を行う事にしました。

但し、名古屋管内の事前準備が出来ておりませんので、一旦運用調査を中断します。南大阪線はその後の状況次第ですが、こちらの事前準備は既に完了しておりますので、データはある程度手元にはあります。運用は関係なく、先に列車毎の両数を出すことは可能ですが、時期は未定です。前ダイヤと変更が多少はあると思います。

旧天局はいつも後回しですが、一度に行えませんのでご勘弁下さい。7月以降でしょうか?

▼それ意外の拡大面
(1)JR東海神領車運用調査の継続
まだ未定ですが、変更点が少ない模様ですので、確認が出来ても見直し程度でしょうか。大垣車も311系と313系4両運用の変更程度が大半で、313系6両運用は変更がない模様です。

(2)JR九州(3)JR四国
取り急ぎは行わず、やるやらないを含めて全部後回しにします。今急いで、遠隔地に行ってまで行う必要性もないでしょうし、北九州市でのクラスター発生もあり、九州に関しては自重します。

まずは、下記の普通列車編成両数表を買って内容を見つつ、今後総合的に判断します。

予定は未定です。また今回はいつ行くかの公表は特にしない予定です。


普通列車編成両数表Vol.41
交通新聞社
2020-06-03

3/14以降の見通し(メモ)

180317-OS1
【画像】現行ダイヤ大阪線制作途上(2年前)

2020-2-23 5時掲載開始

2020/3/14 各社ダイヤ改正等の運用調査・運用表掲載までの、以降の見通しです。(当方メモ)

▼2/26(水)13時以降
事前準備として、駅すぱあと時刻表公開(当方このソフトの年間契約者)による、改正・変更となる路線の着発線洗い出し、これらから引用をすることによるOuDiaSecondV2の打ち込みです。

駅すぱあと時刻表で、恐らく上記更新時点で、新ダイヤ反映と思いますが、そうでなかった場合は、事前準備作業も延期となります。

現在の近鉄と阪神は、終着駅を含む主要駅の着発線と、両数データがありますので、これを洗い出すだけでも相当な時間が掛かっていますが、しかしこれらをしないと、裏付けデータの確認もあって、前に進めません。(近鉄駅掲出時刻表の今里、枚岡、額田は、案内表示がないため時刻表で近鉄車、阪神車の表示です。近鉄アプリのそれは変更日以降に対応でしょう)

但し、こうしたデータは他社よりも充実(駅すぱあと時刻表で、阪急は着発線が不明確で、両数表示もない)しており、これらの引用から、運用調査の前に、先に暫定版運用表を掲載する可能性があります。

続いてOuDiaの打ち込みです。これも手入力に頼っています。「えきからOuDia」は、去年でサイトがなくなってしまいましたので、吸いだしが不可能です。元々、手入力でしたので問題はしていませんが、これも、ダイヤ変更の度に相当な時間が掛かっています。

当方も仕事が別にあります(※運用調査が仕事ではありません汗)ので、合間にやっても1ヶ月は掛かるでしょう。毎回そういうモンです…。


▼優先順位
「JR大和路線(奈良支所車と新在家車など、奈良県内を中心に)、近鉄奈良線系統-阪神なんば線」に関しては、アクセス数の状況や当方の環境を考慮し、最優先課題とします。その次に、「近鉄大阪線系統」「山陽線」とします。近鉄に関しては特急系統も同時ですが、当分は旧上本町局管内優先になります。

「阪急神戸線」は一部変更、時刻変更程度ですので、現在の運用を修正する程度となりますので、優先順位に加えず、2020-3-14変更運用表の掲載扱いも、これらと別にします。

山陽線は、恐らく今回も「直通特急時刻表」の会社別表示で運用も分かると思います。
但し、普通両数の4,3両は駅すぱあとでも公開がされておらず、実際に確認する必要があり、また遠隔地のため、手間取るのは確実でしょう。山陽線内で直通特急以外の運用は、後回しとなる可能性あります。

近鉄で、南大阪線はその後となりますが、どうも、大きな変更はない気配です。但し、ダイヤ変更による駅掲示等の事前取材には努めます。
名古屋線は今回も掲載予定はありません。現行ダイヤでは掲載していますが、こうしたデータのみの引用で、実際の調査は出来ておりません。遠隔地と、他の方の運用調査を考慮します。

JRで、阪和線日根野車は、今回から掲載予定はありません。また、森ノ宮車環状線も掲載予定はありません。特に後者は、西九条駅配線変更で、ゆめ咲線1運用増発、ダイヤ増強となり、運用が変わります。
前者も運用の変更はあるかもしれませんが、運用変更がない場合は、そのまま掲載する場合もあります。


▼調査方法等
近鉄の場合は、他社比較でも一番難易度が高い運用調査なため、当方の場合は2つの主要駅をメインに、運用調査をやってきましたが、丸一日は負担が大きいため、1日を6時間に分けて、午前中、午後、夜間、ダイヤも2種類なため、結果的に同じ駅で6回は確認することになります。大阪線は名張方面もあり、毎回苦労しています。

他の私鉄は、事前にある程度、車両運用が予想出来るなど、ここまで運用調査をする必要はありませんが、近鉄の車両運用は、他社比較で余りにも複雑、回送列車も多く、車庫での入庫も日中で非常に多いため、ここまでしないと満足行く運用表が出来ません。

(京阪・南海は、鉄道会社の情報公開等の充実で、事前の運用表作成もある程度出来る、阪急は一定の運行パターンや考え方がある、路線規模も大きくないなど、それ程の複雑な運用でもないため、近鉄比較でも負担度は違います)

年々要領を得て、少しでも効率の良い運用調査を目指してますが、そういう事情ですし、事後の運用表作成による情報整理も時間が掛かっていますので、事前準備の必要性・重要性と、運用表公開でも長期になっています。


JR大和路線は、ダイヤ改正で、大和路快速が完全8両化となりましたので、時刻表からの事前準備作業から予想も、負担が減った感じです。奈良線のみやこ路快速も、土休日6両化が大きいですね。JR奈良線各駅で配布の時刻表に、両数や車両形式の表示(ドア数が違う221か205か)があるのも大きいです。


JTB時刻表2020年3月号
ジェイティビィパブリッシング
2020-02-25




▼掲載時期
近鉄と阪神で、上記のように暫定版運用表を先に掲載、阪急神戸線の上記と同様の予定がありますが、それでも、相当な時間が掛かるでしょう。概ね一段落が、ゴールデンウィーク前後の目標です。

実際の運用調査で、調査をする日は公表しません。それらに集中したいので、支障するのと、特徴的な列車あっても、運用垢にはツイートしない場合があります。何らかのアクシデントがあった場合、状況判断次第となりますが、後日に回すことがあります。


▼御礼
フォロワー様を始め、OuDiaのタイピング、運用調査のご協力などと、ありがたいことにご支援等のご協力も賜り、恐縮の限りです。年々、当サイトの役割と言いますか、ストレス解消で始まったこの運用調査・運用表掲載も10年以上の実績となっておりますが、これが私の仕事ではありませんし、だからこそ強制も不要です。

このため、ご支援等のご協力は、お気持ちだけで構いません。当方の独自研究の依頼等で、一度、他の方にお願いすると、仕事で依頼ではありませんから、無報酬によるトラブルの元になりかねませんので、これらは一切ご遠慮としております。ご了承頂きますようお願いします。



ただ、当方一人も限界はあります。情報の提供から間違いの指摘等は歓迎します。メール、DM等のお返事は遅れる場合や、いいねクリックで済ますことがありますが、全部見ておりますので、お返事がない場合も、ご理解をお願いします。

当方が健康で生きている限りは、サイト、運用調査、運用表掲載は継続をさせたい、ネット上の公開で、共有データとなりますので、今後もよろしくお願いします。
列車番号T-TAKE(てぃーていく)
列車番号T-TAKE(てぃーていく)サイトはこちらです。
メッセージ
ツイッター ttakewebpage
ttakewebpageのツイート
記事検索
月別アーカイブ
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
  • ライブドアブログ