列車番号T-TAKE(てぃーていく)

関西大手私鉄(近鉄、阪急、阪神、南海、京阪)とJR大和路線、東海運用の車両運用表を掲載しています。

列車番号T-TAKE、本人のブログです。
JR西日本、近鉄、阪急、阪神、南海、京阪と関連の車両運用表掲載・調査+時々東海運用。
他、鉄道、旅、奈良、プロ野球観戦(阪神)、放送、アマチュア無線(3エリアVHF/UHFのみ)、競馬競艇、相撲、献血など
※長期で呟き&リフォロー&DM返信なし有
インスタ+YouTubeは ttakewebpage で有
ツイッター本垢 @ttakewebpage
運用垢 @ttakewebpage2

阪急8040系の今後を推測する


【画像】阪急8040系8040

阪急8040系は、1997年3月に登場した宝塚線10両増結用の2両で、3編成あります。

◆これまでの変遷
1997-11-17ダイヤ改正による日生エクスプレスの10両運転用、となり、10両運用も6→10と増えたために、車両も増備された訳です。

▼当時の所要編成(1997-4-1、私鉄編成表)
8030~8034--5編成
8040~8042--3編成
7031,7032--2編成
5122,5124--2編成
5138(増結予備2両)
12編成+予備1編成

5100系の2両を除いても10編成となりますが、予備編成の関係で、日生エクスプレス以外の10両運用(通勤急行)での5100系10両も、しばしばあった可能性があります。

この間、
8035-1997-9-13、宝塚→神戸
7031-2000-7-14、宝塚→神戸

所属編成減で、5100系10両が恒常的に…。

当時の10両運用は…
特急:宝塚→梅田2運用(清荒神→山本間通過)
日生エクスプレス:川西能勢口→梅田3運用
急行:雲雀丘花屋敷→梅田3運用(前連結)
急行:雲雀丘花屋敷→梅田2運用(始発10両)

当時は日生エクスプレスが上り3列車のみで、大半は雲雀丘花屋敷で増結ないし10両始発、そして、宝塚発の時点で、10両2列車の特急が当時は存在していました。

現在の日生エクスプレスの停車駅に、清荒神→山本間と池田が通過というパターンでした。ですので、宝塚~雲雀丘花屋敷間でも8040系の走行実績はあります。10両宝塚特急は上りのみで、前後の下りは2列車とも回送、朝のみでした。


2000-6-4改正で、宝塚発特急を通勤特急に変更し池田停車、その、宝塚発10両通勤特急はそのままですが、この時点で10両10→8運用と2運用減っています。日生エクスプレスの本数は変わらず、恐らく、雲雀丘花屋敷始発10両急行の消滅でしょう。5100系10両運用もこの改正で消滅となります。

2002年頃、車両のトレードが発生しています。
▼宝塚→神戸
8031-2002-2-6
8033-2002-2-12
8032-2002-5-28

▼神戸→宝塚
7033-2002-2-7
7031-2002-2-13
7026-2002-5-29

増結予備:8030+7014(2000-7-14に7014が6両化、神戸線7024の4両化)


2003-8-30ダイヤ改正で、宝塚発10両通勤特急の2列車もなくなり、上りの日生エクスプレスが3→7列車に増、この内、10両は5運用となり、2006-10-28ダイヤ改正にも継承される、日生5、通勤急行3の10両運用は、このダイヤ改正からです。(雲雀丘花屋敷での急行10両増結は、この改正で通勤急行化)

途中、2010-2-19で7014神戸転属、7025+7024宝塚転属、7025+7024+7026組成のここからとなり、8030は増結運用(8032+7024+8033組成だった、神戸線の8033も、8032+7014化で増結運用化)となります。

8030,8034と8040系は、登場以来宝塚線生え抜きの増結編だった訳です(※7000系2両<7024,7025,7026,7030~7037>は11編成は、すべて神戸線新製配置)が、これらが2015-3-21ダイヤ改正まで、約11年半と長く続いた訳です。

この、2015-3-21改正で、10両4運用にまで減った訳です。1993-12-20ダイヤ改正の、10両2→4運用と同じ頃に戻った訳です。

8030,8034は梅田方増結車として、ダイヤ改正後も残りましたが、8040系は改正以降正雀へ、そして、6/3に8042が、6/11に8040+8041が、ようやく元戻り、という動きでした。

鉄道ダイヤ情報 2015年 07 月号 [雑誌]
交通新聞社
交通新聞社
阪急宝塚線・能勢電鉄: 街と駅の1世紀 (懐かしい沿線写真で訪ねる)
山下 ルミコ
彩流社


【画像】阪急8040系8041

2ヶ月振りに出場した8042,8040+8041ですが、正雀は検査出場ではなく、細かい改造が目的だったようです。特に、8190,8041,8192側に転落防止幌を取り付ける金具が取り付けられた模様です。

以前は、8040系は3編成共神戸線転属ではないかと推測しましたが、こうした改造の上、宝塚線に戻ってきたことで、この推測はひとまず、消えたことになります。

転落防止幌設置部分を★で表す
8040-8190★+★8041+8191
8042-8192★

こういうことになりますが、何れも平井戻り=宝塚線ですので、当然ながら、神戸線転属ではないことになります。さらに、8041側に転落防止幌が設置で、2+2両で戻ってきたという点です。

これらの出場後の動きから、今後を推測してみます。


▼単純に2+2両として、暫定的に箕面線、2+8両運用を増やす
そのまま、箕面線に充当(8040+8041)するという案です。各駅停車で終日運行となりますから、VVVF車充当による節電効果は大きいと思われます。2+2両でユニットもそれぞれありますから、万が一の故障時も、バックアップが利きます。

2+8両運用ですが、現在の10両運用は、2+8両と8+2両があり、前者は1、2、5列車目の通勤特急として、梅田方2両、後者は3、4列車目の通勤特急として、宝塚方に2両というパターンが主です。(※日によって運用は異なる場合もあります。)

この内、8042を2+8両用として、そのまま充当させる訳です。

しかし、この案は、それまでの2両2編成余剰となってしまうため、その処遇をどうするかという点が気になります。そのまま神戸線転属→7005,7016の4両化(7001,7003余剰中間車組成)でしょうか。


▼7025+7024+7026→8040+7024+8041として組み換える
続いての案はこれです。7025の2+4+2両で、2両側をそれぞれ、8040,8041に組み換えるという案です。

現状、7025+7024+7026編成は、7024の4両側については、実は、ユニット解放のまま運転されています。そのままだと、6M2T編成で性能が過剰になるのか、7024のユニットを解放の上、4M4Tで運転となる訳です。

2両はどちらも、宝塚方先頭車もモーター車のため、2M編成のためで、それでもパンタグラフが上昇で運転しているのは、補助電源の関連です。

これを、8040+7024+8041に組替とさせる訳です。ユニット解放を元に戻しても、8040系宝塚方先頭車はモーターがないため、4M4Tのままとなります。

捻出となった7025,7026を神戸線ないしそのまま宝塚線、7001,7003余剰中間車と組成し、2→4両化でしょうか?

これでも、8042が戻ったことで、2両2編成余剰は同じです。1編成を増結予備で、現状でも7032が、ダイヤ改正から長く動いてません。8042は2+8両増結用として、そのまま宝塚線配置でしょう。


尚、現状7025+7024+7026で、7025側の増結充当は、今の所ない模様ですが、8040+7024+8041としても、増結予備用としては充分でしょうから、何れにしろ、2両2編成分は余剰となりそうです。

阪急電車 (キャンブックス)
山口 益生
ジェイティビィパブリッシング



【画像】阪急8040系8042

2両2編成分は余剰で、例えば、8040+8041、8030+8034と、2編成で箕面線も考えられますが、どうも、現実的ではありません。

当方としては、7025+7024+7026→8040+7024+8041の組替が、より現実的ではないか、という気はしています。

性能過剰な編成の適正化、でしょうか。もしこの編成だと、今までは平日朝のみ運行だった8040系も、土休日を含めて、終日、運行される可能性もあります。


7025,7026,2両分を神戸線転出→7001,7003編成6両化による余剰中間車と、7025,7026,7005or7016の4両化(1005の神戸線配置で7006編成6両化)などと、色々思案出来ますが……。

JR電車編成表〈2015夏〉
ジェーアールアール
交通新聞社
私鉄車両編成表2015
JRR
交通新聞社

不要品の処分にも…。

マイオーディオルーム ~マルチフォーカスチューニング体験記~ (CDジャーナルムック)
山本耕司
音楽出版社

2015-6-1掲載開始

さて、上記のようなオーディオルームが我が家でも、というのは、かつての夢でもありました。過去、親戚の家に、その手の部屋がありまして、そりゃあもう憧れも的であった訳です。

時々、調子が悪い時もあり、他人の私が、何故か調整する内に治ったということもありましたが、我が家の一室も…、と企んでも、環境的に無理というオチだったりします。

そりゃあそうです。その為の部屋を維持する時点に、更には「音漏れ」の面があるでしょう。その親戚の家は、最初から防音設備でして、しっかりと近所迷惑とならない部屋の作りでしたし、部屋に入る扉のノブが、いかにも厳つく、プロのオーディオルームかと思うような、分厚い扉だったからです。

ですので、そうした「本物」と、私のような「ミーハー」では、環境面からでも、雲泥の差といえるでしょう。もし、我が家を防音設備で改造したとしても、相当なお金が必要ですし、そんなお金があれば…。

憧れは持っていても、実は、それ程の「オーディオマニア」でもなかったりします。要は私、元々興味がないのかもしれません。

スピーカーブック2015 ~音楽ファンのための最新・定番スピーカー徹底ガイド~ (CDジャーナルムック)
音楽出版社
音楽出版社

先日、私の家族が引越をしたんですが、衣類とゴルフセット以外の品物(殆ど)を、大量に残した訳です。まあ、何故か整理整頓を私がやり(他にやる人もいなかった…)、合間でしたので、2ヶ月程掛かりましたが、しかし、色々とありました。

これらを一斉に廃棄するにも、「処理費用」は相当です。

過去にも、その手の経験がありました。和室2部屋を大掃除する機会がありましたが、数十万の処理費用…、和室が綺麗になったのは確かですが、しかし、失うものも、やはりお金です。

ゲーム機や大量の本、売れる物は売却、を順次行った訳ですが、値はそれ程でもありません。しかし、それでも数万はあり、廃棄費用の一部として、捻出が出来た訳ですが、その中にはオーディオセットもあった訳です。

話が長くなりましたね。どうも、5.1サラウンドシステムを組んでいたようで、その為、スピーカーがウーファーを含めます。しかも、場所を取るものばかりです。

上画像もありますが、スピーカーもピンキリです。音響面での違いは分かりません。マニアだと、それを自慢したくなるのは当然ですが、そんな私ではありません。

で、ステレオ一式は、アンプにCDプレーヤー、MDデッキなど色々。最近のDVDプレーヤーとかブルーレイはありません。埃もあり、暫く使っていなかったようです。ここ数年は住んでいる場所も違いましたが、引越作業が伸び伸びでした。

内、MDデッキは、過去に走行音収録で録り貯めたMDディスクが、相当(汗)あるため、携帯用のMDレコーダーが壊れて、動かなくなっていた状況に、「渡りに船」的な感じでしたので、これはありがたかった。中古品を探すにも苦労しておりしまたので、頂戴出来るものはしっかりと…。

残った他の機器、売ろうにも、幾つかその手のお店に、リストにまとめて見積をしましたが、どうも反応がイマイチですねぇ。買取不可が大半でした。

いわゆる「オーディオマニア」的にも、需要のない品物ばかりのようでしたし、その需要すらも、少なくなっているようです。そりゃあ、携帯型プレーヤーが普及する時代、「音楽を多く聴く」か「高級な機器で音楽を聴くか」となれば…。

かといって、廃棄せず、私の部屋にシステムを組んで楽しむ…、も、確かに、冒頭の夢を実現する機会でしたが、私を思いよこせば、音楽をよく聴いているという状況もなく、聴いても、ヘッドホン着用でした。やはり、現実面との比較でも、夢物語です。機器スペースも無駄になりかねません。


そんな中、あるお店で、リストの中から売れそうな物は、BOSEのスピーカー各種、CDプレーヤー、ウーファーでした。アンプや一部のスピーカーは尚も買取不可、それでも見積で1万円行くか行かないかという程度、やはり、厳しいもんです。

お店からは、スピーカーを梱包する箱やプチプチが送られてきましたが、梱包だけでも大変でした。佐川急便は着払いでしたが、2箱となってしまい…。

それでも、残るものは残っています。何れも、見た感じ、リサイクルショップでも売れそうな感じがしません。廃棄となる訳で、不要品の処分もバカになりませんねぇ。よく街中の軽トラで「無料で引き取ります~」も、実は、品物によってはリサイクル費用が発生する場合もある訳です。

自分の部屋と比較しても、本当にこの物は必要なのか、不必要なのかは、いつまでもつきまとう悩みですねぇ。愚痴的なブログ記事失礼しました。

Rail Magazine (レイル・マガジン) 2015年7月号 Vol.382
ネコ・パブリッシング
ネコ・パブリッシング

 

近鉄、天理臨駅掲出時刻表


【画像】4両の大和西大寺行臨時急行も、臨時列車ならでは…。

ツイッターで予想以上に、天理駅の到着時刻表が好評でしたので、過去撮影の土休日分も含めて、ブログでまとめて、天理臨関係駅掲出時刻表を掲載します。

内容は、天理駅発、着、平端駅天理方面、大和西大寺駅京都方面、天理方面、大阪難波方面です。これ以外は撮影しておりません。何れも、平日、土休日揃っています。(平日は2015-5-26、土休日は2014-10-26に撮影)

尚、前ダイヤの平日のみ、天理臨関連の運用は把握していますが、前ダイヤと現行と運用は異なります。更に、通常運用でも、時刻変更・運用変更・着発線変更などがありますので、その点、ご注意下さい。

公式ウェブページの天理関係時刻表はこちらです。

Rail Magazine (レイル・マガジン) 2015年7月号 Vol.382
ネコ・パブリッシング
ネコ・パブリッシング
鉄道ジャーナル 2015年 07月号
成美堂出版
成美堂出版
鉄道ファン 2015年 07 月号 [雑誌]
交友社
交友社


【画像】天理駅到着時刻表

【画像】天理駅平日

【画像】天理駅土休日

【画像】平端駅平日天理方面

【画像】平端駅土休日天理方面

【画像】大和西大寺駅京都方面

【画像】大和西大寺駅天理方面

【画像】大和西大寺駅大阪難波方面

【画像】天理駅団体用待合室にある、団体列車用の案内
14:11発の、「松阪大教会」とある列車は、天理4号線留置の団体列車「楽」となります。

15:30発の、「愛知教区」とある列車は、名古屋行0115Kとみられます。通常の特急列車0115レで、天理発となり、大和八木で連結となる訳です。この往路が0158Kとなります。

通常の近鉄特急での連結ですが、天理行発2両は団体列車となり、天理~京都特急のように、一般の特急券発売はありません。

0158レは、所定8両で大阪難波行ですが、平日の26日のみ、大阪難波行が6両となり、天理行が後部連結とみられます。0115レは所定6両ですので、単に、大和八木から8両運転(天理発の連結位置は不明)となる訳です。

今回は、設定列車は少ない方ですが、松阪行は、それでも200名程度の乗客がある模様です。

近鉄特急オールスター [DVD]
マルティ・アンド・カンパニー
マルティ・アンド・カンパニー
私鉄車両年鑑2015 (イカロス・ムック)
イカロス出版
イカロス出版
近鉄奈良線 街と駅の1世紀
藤原 浩
彩流社
列車番号T-TAKE(てぃーていく)
列車番号T-TAKE(てぃーていく)サイトはこちらです。
メッセージ
ツイッター ttakewebpage
ttakewebpageのツイート
記事検索
月別アーカイブ
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
  • ライブドアブログ